2017年3月28日火曜日

孤独のカルマは何故あるのか

質問であった題で、「孤独のカルマはなぜあるのか」ということでした



肉親との縁が薄かったり、友達が出来ずらかったり、恋人や結婚が出来なかったりするひとを指していると思いますので、そのことについて考えてみます

孤独感を感じたり、寂しさを感じるのは、誰しも生きていて起こることでしょう

そのなかで、特に、人との縁が薄く、孤独な人生を歩んだりする人がいます

どうしてそのような人生を歩むかというと、一つには、生まれ持った人生計画の中に、孤独になる時を過ごすようにしていることがあります

人間は、この世に生まれてくるときに、あらかじめ人生の主要な計画を立てて、地上へと生まれてきています

その計画書に、孤独に生きることを、あらかじめ書かれてある人もいます

たとえば、幼いころに両親を亡くしてしまうとかです

ではなぜ、そうした計画を入れていくかというと、過去世での何らかの課題を、克服しようとして、あえて取り組んでいることがあります

ある人は過去世で、親に頼りすぎて、なかなか自立できずに過ごしたとします

すると今世では、自立心を養うために、あえて早くから自分一人で生きなくてはならない環境に、生まれてくることがあります

また別な人は過去世で、子供を何らかの事情で手放してしまった、自分でうまく育てられなかった経験があり、それが心の傷として残っているときに、今度は自分が逆の立場で生まれてくる時があります

そのように、幾つかの理由がありますが、何らかの魂の課題を克服するために、孤独な状況を生きるように計画されていたりします

ではどのように克服していったらよいでしょう?

一つは、自身の中に依存心が強いと思われる場合に、ある程度たくましくなられ、自立した生き方をされることです

逆に、人の支えを嫌って、孤立しがちな人は、人の優しさを素直に受け入れるようになっていくとよいでしょう

ひとはどちらかに偏りがちになってしまい、中道から外れたときに、孤独に陥ってしまうことがあるのです

そして孤独感や寂しさを感じている人は、実は、見えない存在によって、愛を注がれていることを感じて、受け止めてみましょう

守護霊という見えない存在が、誰にもついていて、本当は愛情を注いでいます

ですが地上の人間が心を開いていないため、その温もりが伝わっていきません

時折、静かな時をもって、その存在に感謝し、愛情を受け止めてみましょう

そうすると、魂の深いところで私したちは魂の兄弟たちと繋がっていますので、孤独感が薄れて、愛情を感じられるでしょう

自分の器が満たされるようになれば、次には人にも分けていくことです

つまり次には、他の人へも愛を注いでいくようにしましょう

そうすると愛の循環が生まれ、孤独の渇いた器が、満たされていくようになります

関連記事


↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 私は両親が居なく1人っ子です、結婚して子育ての仕方が分からない!支えてくれたのは主人の祖母でした。慈悲深くこんなに人って優しいのかと、私は自分の運命を恨みながら生きて来ました、父子家庭のアルコール依存症の父でしたし私が中学の時にアルコールが原因で42の若さで亡くなりました。就職しながら看護学校に行ったのも孤独だったから手に職をつける為です、今は色々あったけど幸せなんだと思えるようになりました。

    返信削除
  2. 質問した者です。

    お答えくださりありがとうございます。

    私は宇宙時代~地球での転生のうちの多くを「孤独」「寂しさ」を一つのテーマにしてきたことに今回気づくことができました。家族縁が薄かったり、家族がいても絆がしっかりと結べていなかったり、それ故孤独に苦しみながら死んでいったこともありました。

    今回の人生ではあたたかい家族に恵まれたものの、その中での孤独を知らず知らずに抱えつつ、インナーチャイルドとなり、今の子育てにおける葛藤を引き起こしていたことが分かったからです。

    これだけずっと持ち越してきたのは、私にどんな原因があったからなのかを見つめなくてはならないと感じていました。

    また、まわりを見渡すと、多くの人もまた「孤独」を埋められない「寂しさ」から、行いを誤っているようにも思えてきました。例えば不倫、虐待、依存症など人や自分を傷つける行為などです。

    スピリチュアルな感性はいいほうだと思っていましたが、この孤独のカルマを生み出した原因と解消の仕方がどうにも分からず、答えが分からないうちは前に進めないと思っていました。

    今回お答え頂き、やっと腑に落ちました。

    本来はみんな魂で繋がっているということ、
    見えない存在から愛を与えられていること、見守ってもらっていること、
    そうしたことが見えなくなっている状態が「孤独」なら、それは感謝が足りない、謙虚さが足りない傲慢ともいえる自分の心のありようだったのですね。

    今やっと答えをはっきりもらえたような気がします。
    きっと私の場合、これまでの転生でもずっと感謝が欠けていたのだと思います。
    この人生では、自分の穴埋めのためにではなく、心から溢れるものをまわりの人に分け与えてあげられる生き方をしていきたいと思います。


    数多くの質問から洪さんにピックアップしていただいたことが一つのありがたい上からのメッセージだと感じます。

    誠にありがとうございます。


    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます