2017年2月24日金曜日

宇宙に生命のいる星発見か? NASA7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能


NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。


この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。

TRAPPIST-1は非常に暗い恒星で放出するエネルギーも少ないのですが、惑星が非常に近くを周回しているためにハビタブル惑星が存在しています。系外惑星はTRAPPIST-1に近いものから「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、恒星から太陽と水星の間に収まるほどの距離を周回しています。
 
TRAPPIST-1b、c、d、e、f、gは岩石からできており、そのうちb、c、dは恒星から近すぎて液体の水を保持するには高温すぎます。そこで、TRAPPIST-1e、f、gがハビタブルゾーンに存在することが判明したのです。また、これらの惑星には水の海が存在する可能性もあります。

以上、NASAからこうした惑星についての情報がありました

39光年というと、宇宙の広さからすれば、近所ともいえる場所で、こうした生命の住むのに適した惑星が発見され、つまり、宇宙には膨大な数の、生命の住んでいる可能性のある惑星がたくさんあるだろうと考えさせられます

これは当然ともいるでしょうが、生命が住んでいるのは地球だけではなく、宇宙にはたくさんの生命の住む惑星が存在しています

その中には、現代の地球を遥かにしのぐ科学文明を持った星もあり、別次元を通って、遠い距離を航行して、地球へと来ている者もいるということです

地球人は、いずれそうした別な惑星の住人と交流する時代が来ます

それはもうすぐそこに迫っているといえます

人々が理解を深めて、間違ったものを呼び込まぬようにも、宇宙人に関する正しい情報を、伝えていく必要があると感じます

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます