2017年2月18日土曜日

自殺者は死後どうなるのか?


自殺に関するニュースもあり、彼らが死後どうなるのかについて質問もありますので、取り上げてみたいと思います

たいていは死後に、自殺のシーンを繰り返しているようです

同じような自殺の続く場所というのもありますが、そうした所は、自殺者の霊が、通りがかりの人に憑依して、自殺を繰り返しているのでしょう

そのように、何度も苦しみの体験を何十年も繰り返されることが多いです

あるいは、もう少し軽い人であれば、自殺のシーンを来る返さなくても、あの世に戻れずに、地上を彷徨うことがあります

その後に、あの世に返れたとしても、ネガティブな心境が強かった場合には、死後の世界でも、そのネガティブな思いに応じた世界に行かれます

生まれ変わりについて、相当の間、あの世で修業した後に、生まれ変わることができますが、自殺したカルマを刈り取るために、同じような境遇を選んできて、今度は自殺しないようにと思って生まれてくるようです

おそらくほとんどの自殺者は、苦しみから逃れるためになさることが多いのですが、死後も来世も、苦しみの中に生きることとなってしまいます

ですので、自殺するほどのストレスを生むような学校だったり職場だったりしたら、飛び出して環境を一新する必要があります

辞めるのは無責任だとか、圧力をかけたり、非難する人もいますが、そのほうが無責任なのです

迷惑おかけした分は、いずれ取り返す事が出来ますが、今世の命は取り返せません


また自殺したからすべての人が同じような境遇にはならないでしょう

戦争などで特攻をされた人も、行為としてみれば自殺のように見えますし、自決されるひとも多くいました

そうした方が必ずしも死後に迷うわけではありませんので、例外も一部にはあります

関連記事


↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. 日本人作家の三島由紀夫は強い軍国主義者であり、最後 市ヶ谷駐屯地で演説をしたあと割腹自殺をしてなくなりましたが、三島先生の生きざまを表したような、潔い死に方でした。
    この場合は洪さんが言うような例外のタイプに当てはまると思います。
    特攻隊のような人たちもお国の為に、天皇の為にと自ら命をたった経緯があり、個人の意思ではどうもできない場合の自殺などもあるのですね

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます