2017年2月11日土曜日

クジラ400頭以上が座礁 過去最大最悪ニュージーランド


ニュージーランド南島、ゴールデン湾のフェアウェル岬で10日、400頭以上のゴンドウクジラが浜辺に打ち上げられたとニュースがありました



こうした海洋生物の大量死については、まだ詳しくわかっていませんが、地殻の活動が活発となっている場合もあるでしょう

海底でマグマが噴出していたり、割れ目から有毒ガスが噴出したりなど、地殻活動にかかわる何らかの原因により、イルカやクジラが大量に死ぬということが起こる可能性があります

2011年の2月20にも、ニュージーランドで100頭近く座礁して、その二日後の22日にニュージーランドで大きな地震が起こり、多くの被害がおこりました

そして3月11日には、東日本大震災がおこりました

ニュージーランドと日本での地震の関連性については、多くの学者は遠く離れているため、関連は無いとされていますが、経験則では、関連があるように思われます

ですので、しばらくは、ニュージーランドと日本では、地震に要注意しておいたほうがいいでしょう

関連記事


↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

3 件のコメント:

  1. ニュージーランドもそうですが、その隣国であるオーストラリアが今最も、大災害が迫っている場所のような気がしてなりません。
    と言うのも、近年オーストラリアは、難民を劣悪な収容所に送り込むなど、非人道的な仕打ちを続けているからです。
    その点でも数日前に、豪首相はトランプ大統領に厳しく批判されていました。
    この辺りのまずい政策のしっぺ返しが、天災という形でオーストラリアに来ても、決しておかしいものではないでしょう。

    もちろん、日本も災害への警戒を怠っていてはいけないのは明らかです。
    家具転倒防止の耐震グッズを、これから買ってきます。

    返信削除
  2. 日本は、今まさに、移民政策を始めようとしています。

    この政策は時代にも、民意にも逆らっています。

    何とか思い止まって考え直してほしいです。

    返信削除
  3. 久しぶりです。洪先生。
    水深の深い所を生息地にしている魚介類の発見が、過去より活発になっているみたいです。ダイオウイカが、海面近くを泳いで捕獲されたという話もあるみたいですね。
    地球のアセンションと関係あるかわかりませんが、地殻変動または、マグママントルの膨張による深海の温度上昇が原因ともとれます。おそらく、マリアナ海溝の最深部は、高温かもしれません。次元上昇を付け加えるとすると、人への怒りと統制(霊的に正しいあり方)をはかろうとしているのかもしれません。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます