2017年1月17日火曜日

宇宙時代の前世と偏食



Q,白いものしか食べれない、食事や食感、味付けに過度のこだわりがある子供を何人か知っています。スピリチャル的みて、何か理由があるのでしょうか。

A,上記のような質問がありました

偏食などに何らかの霊的な意味があるかですね

すべてとは言えませんが、かわった偏食には、宇宙時代の食生活が関係しているのを感じたことがあります

たとえば、宇宙時代に肉食系の宇宙人であった場合、やはり人間に生まれても、お肉ばかりたべるという傾向があります

かわった偏食では、以前にテレビ番組で、土ばかりを食べて生きている人の話を取り上げていました

普通の人であれば、栄養が含まれていない土を食べても、栄養失調で死んでしまうでしょうが、その方はずっとそうした食生活を続けていて、健康なようでした

おそらく、こうした方の前世は、別な惑星で、土中で暮らす生命だったのではないかと感じられます

ほかにも、日光浴するだけで、食事を食べずに生きる仙人のような方が、時折紹介されていますが、おそらくこの方々も、宇宙時代に、植物型の生命体だったのだと思います

樹木のように、日光を糧にして生きていた生命体で、人間として生まれてからも、そうした前世の習性で、何も食べずに、日光浴のみで生きていけるようになったのでしょう

そのように、偏食には、宇宙時代の前世の食生活が、今世にも栄養している場合があります

関連記事

↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

1 件のコメント:

  1. ダイエットも人によって効果があるものとないものと別れるのはそうした前世での食生活が関係しているのだと思います。炭水化物を控えて痩せる人もいれば痩せない人もいます。「宇宙人別ダイエット法」などがあれば一人一人に合った効率的なダイエット法が見つかると思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます