2016年12月22日木曜日

自分を不幸にしてしまう自責の念



”自我”の働きによって、他人を責める話を先日から数度記事にしました
他人を攻撃する思いと真逆に、自分を責める、自責の念があります

この自責の念は、どこからくるかというと、これもやはり”自我”の自己防衛から来ています

相手と自分の力が、それほど大差なかったり、自分が優位の場合には、相手を責める方向に、防御能力は働きます

自分が傷つかれる前に、相手をやっつけてしまおうとするわけですね

それでは、相手の方が力で、圧倒的に優位にある場合はどうでしょう?

分かりやすいのは、子供と大人の関係を想定してみるのがよいでしょう

体力では、子供は大人にかないませんし、大人の力がなければ、子供は生きていけません

そのような状況で、大人が子供を強く攻撃していったらどうなるでしょう

はじめは反抗していった子供も、虐待などが続くと、自分が悪いように、自責の念を抱いてしまうことがあります

それは、相手を攻撃しても自分を守れないため、自分を責めることで、かえって自分を守ろうとするのです

反抗してしまうと、攻撃されて、大きく傷つけられてしまうため、相手の攻撃を受け入れて、自分を責めてしまうのです

虐待などは極端な例ですが、子供時代に親や先生、あるいはグループで責め立てられることで、自責の念を抱きやすくなってしまう人が多くいます

グループというのは、クラスの中でイジメにあったりすることで、いじめを受けた人は、自分を責めるような思考に陥ってしまうことがあります

親や先生などから、ダメな人間だと烙印を押されるような言動をされたり、強く責められ続けると、自虐的な傾向が出てきてしまうことがあります

そのように、自責の念を抱き続けていると、それもまた不幸を呼び込む元となってしまいます

自虐的な傾向性があると気づいたら、大人になってからでも、徐々にでも変えていくようにしなくてはなりません

自分の中にある神性・仏性を掘り起こしていきましょう

関連記事



ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. 自分ルネサンス中~☆2016年12月23日 2:11

    毎日楽しみに拝見しています!

    先日もコメントさせて頂きましたが、まんま自分の事過ぎて
    投稿せずにはいられませんでした・・・。

    私は幼少時に持病のせいでいじめにあい、すっかり内向きな
    性格になっていました。
    自分に自信がなく、薬がないと人並みの生活が維持できない自分を
    価値の無い脆弱な人間だと思っていました。

    だから人に大切にされないのも見下されるのも仕方ないと自分を
    諦めていました。
    でも同時に他人と同じ土俵に立たなければ攻撃されない処世術や、
    期待されない事の気楽さもあり、つい最近まで自分で自分をスポイルして
    いました。

    でも良く考えると自分が大切にしてないものを他人に価値を
    見出せと言っても無理な話ですよね。
    こちらのブログに出会ってこの事を痛感しまずはインナーチャイルドを
    抱きしめて謝る事から始めました(もう!本当に五体投地な勢いで)

    今も意識改革のギアチェンジ中ですが、文章にして気持ちを表面化する事で
    心の重しを一つ解放できればと思い投稿させて頂きました。
    私は神仏の子であり、不幸など寄せ付けません!

    いつも有難うございます。

    返信削除
  2. これは修行になるのでしょうか。

    返信削除
  3. とても勉強になります。
    自我が強すぎてもいけないし、自責が強くてもいけないし、バランスと真実を自分をみつめることで神性を発揮したいです。
    自分を上手くみつめられるよう、練習します。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます