2016年12月24日土曜日

付喪神 (つくもがみ)の正体


付喪神について質問がありましたので取り上げます



付喪神は、古い器物に霊が宿って誕生する妖怪の総称といわれます

九十九神と書くこともあり、長く使っているうちに道具に霊が宿ってしまうというのは、いかにも日本的な発想だと感じます

日本ではアニミズムとも呼ばれますけど、自然のそれぞれに霊が宿るという思想が、古代から流れています

自然界だけでなく、人間の作った器物にも霊が宿ると考えるわけですね

そうした付喪神の正体について考えると、物に宿る人の念を言っているのでしょう

物にはバッテリーが電気を蓄えるように、人の念を溜めこむことがあります

よくテレビなどで髪の毛の伸びる人形などが紹介されますが、それは代表的なもので、人の念や亡くなった人の念が宿っている、現代の付喪神といえるのではないかと思います

ほかにも長年愛用している物には、人の念がどんどん刷り込むようにたまっていきますので、人によってそれを感じる方もいるでしょう

ただ、それは悪い念ばかりでなく、よい念が込められているものもあります

たとえば親が子供に愛情をこめてつくった物を贈るのは、その物にはよい念が込められているでしょう

逆に、異性からのプレゼントには、相手を好きなようにしたいという、色情的な念がこもっているものもあります

また、長年使っているうちに念がこもるだけでなく、作られた時から、その作者の思いのこもる物もあります

絵画や歌などは、はじめから作者の念がこもったものといえます

そうした物は、作者の心境によって、様々な影響を人に及ぼします

よく心霊番組などで、所有者が不幸になる絵画が、呪われた物として紹介されたりしますけど、そうしたものは、作者がかなりネガティブな心境で描いたり、呪いをこめて描いている場合もあるでしょう

それと反対に、人の幸せを願って描かれた絵画もあります

以前にスピリチュアル・アートを紹介しましたけど、それは持っている方を幸せにする効果のある絵画でしょう

音楽でも、人気のある歌であっても、聞いていると運気を下げるような、ネガティブな音楽もありますし、逆に、人を勇気づけたり、心境を浄化させるような音楽もあります

なるべくネガティブな思いの物は遠ざけて、良い思いの物を身近に置いておくのが良いです

関連記事




↓いつも応援クリックありがとうございます

スピリチュアル ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 洪さま
    質問させて頂いた者です
    この度は回答してくださり、ありがとうございます!
    クリスマスプレゼントを頂いたようなとても嬉しい気持ちです

    家庭で料理を作る時には、忙しくてもひとさじでも愛をこめようと思いました

    どうもありがとうございました♪

    返信削除
  2. それでラッセンさんの絵はあんなに人気があるのですね!(納得です!)

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます