2016年12月23日金曜日

その苦しみ悲しみの意味は



目の前に起こっている苦しみや悲しみに対して、他人を責めたり、自分を責めたりすることを書きました

それらは”自我”が自らを守ろうとする、防御反応です

私たちは”自我”の暴走を止めて、静かに問題と向かい合うことが必要です

他人が悪いとか暴れたり、自分が弱いからだとかくよくよしたりせず、静かに起こっていることをまずは受け入れましょう

そして、苦しみ悲しみなど、目の前に起こっている問題は、神仏が私に何を教えようとしているか?その問題に正解を出していこうと考えてみるのです

今の自分にとって必要な課題が、学ぶべきことがあって起こっていると考えるのです

たとえば、病気になって入院することもあるでしょう

その時に、「会社や家族のストレスのせいで病気になったんだ」と人を責めたり、「自分はこんな弱い体をしてダメな人間だ」とか、自分を責めるのではなく、まずは受け入れて、この病気が何を教えようとしているか考えるのです

ひょっとしたら、働き詰めで、自分を顧みる時間がなかったので、病の間に、家族の大切さや、健康のありがたさ、自らの過去を振り返ること、そうした考える時間をもたらしているのかもしれません

あるいは、会社での出世が遅れたり、志望学校や会社に入れないような挫折を味わうこともあるでしょう

そうした時も、静かに受け入れ、自分に何を教えようとしているのか、を考えてみるのです

ストレートに合格したり、成功したら、慢心してしまう可能性があるため、あえて挫折を味わうことになったのかもしれませんし、人生は甘いものではなく、厳しいものだと教えるものだったかもしれません

そのように、自分の人生を通して、神仏が自分に何を教えようとしているのか、そこから何を得られるかを考えましょう

人生に起こる出来事は、偶然に起こるのではなく、そこに意味があり、起こるべくして起こっているのだと受け入れてみましょう

そうすることで、あなたの本当の人生が開いていきます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. 本当にその通りですね!
    私も、職場でのイジメや、転職での面接に落ち続ける、主人の浮気、私自身の病気での休職などなど、色々な経験をさせてもらったんだと思います。
    お陰様で、謙虚に、今生きているだけでありがたいと思えます!
    素敵な職場に巡り会えました!

    返信削除
  2. 自分の過去を振り返っていました。
    とても辛く悲く死んでしまいたいと思った事もあります。
    そして今そんな経験が無かったら人の痛みも分からなかったんだなぁと思いました。
    予定されていたのだとしたら、自分の人生経験こんな事乗り越えられるって計画した自分に凄いなぁと思いました(笑)
    これからも頑張ろう
    ありがとうございます✨

    返信削除
  3. 私は今年の6月に経済面で大きな挫折を味わいました。
    その問題解決は自らの愚かさも相まって、来年以降に先送りとなってしまいました。
    これまでの自分自身の行いや考えを反省すると同時に、「このような問題を起こしてしまった原因は何なのか」「二度と起こさないようにするにはどうしたら良いのか」ということを、真剣に考える日々を送っております。

    そんな中、洪様の『自我』に関する一連の記事を拝読しました。
    現在向き合っている問題に加え、40年以上もの間苦しみ続けてきた『親(特に父親)に対する恨みの念』からようやく解放(?)されるきっかけになりそうです。

    このブログに出逢えて本当に良かった…
    今後も紆余曲折はあるかと思いますが、前向きに人生を歩みたいと思います。
    どうもありがとうございました!

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます