2016年11月6日日曜日

光と自らの使命の発見



人間の本質とは、この地球に降り立った光です



光そのものが積極的な善であり、闇を払うものです

善を広げ、闇を払うことこそ光の使命であります

そして、光は物事を明らかにし、真実を知らしめる存在です

暗闇の中にあっては、何物も判別することはかなわないでしょう

光が掲げられてこそ、人は物事を見分けて、判別することが可能となります

光は積極的な善であり、世を照らす者です

そして光は、世の中に温もりを届けます

もしも地球に日の光が射さなければ、世の中は凍てついた世界となるでしょう

光は大地を温め、海を温め、生き物たちを温めます

それは光のうちに、愛の波動があるからです

光が相手に熱を与えるのは、その根底に愛が含まれているからです

私たちは、この世に降り立つ、小さなローソクの光のようなものです

その光は小さくとも、情熱によって、周りへと次々と光を灯し、広めていくことが出来ます

はじめは小さな光であったものが、次々と広まっていき、多くの地域を照らしていけます

光そのものの中に、私たちの本質とは何であるのか、私たちのなすべきことが含まれているといえます

光とは何であるかを知ることが、私たち自身を知ることであり、

光の性質を探求することが、私たちの使命をも発見していくことなのです

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. 夜、こちらのブログを読んでから床に就くことが多いのですが、このような記事を読ませて頂くと、自らを顧み、軌道修正し、そして洗い清められたような気持ちになってやすむことが出来ます。
    ありがとうございます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます