2016年10月7日金曜日

瀬戸内寂聴「殺したがるばかどもと戦って」



作家で尼の瀬戸内寂聴さんが、死刑制度を批判するメッセージの中で、「殺したがるばかどもと戦って」という発言でニュースになっています


死刑を望んでいるのは、犯罪被害者の家族の方で、その多くは、犯罪者によって、愛する家族を殺された方々でしょう

寂聴氏は、その遺族の方に対して、殺したがるばかどもと罵っているといえます

死刑制度に反対されるのは構わないのですが、犯罪者によって愛するものを殺された、遺族の方の気持ちを踏み躙るような言葉は慎むべきではないでしょうか

なにより、殺したがるばかどもというのは、遺族のかたよりも、殺人をおこした犯人の方でしょう

以前にも瀬戸内氏について記事を書きましたが、かなり厳しいことを述べたと思います

私には、彼女がどうして死刑制度に批判しているのかが感じ取れます

彼女は昔、子供を捨てて、愛人と逃避した過去があります

そうした過去の罪を、批判されるわけですが、ご自身が罪を批判されることが嫌なのでしょう

そのため、犯罪者に対して、厳しい罰を与える死刑制度などにも、反対の思いが沸いているはずです

自分を批判するものに対してバカどもという思いがあるため、今回の発言となっているのです

彼女は今でも無明の闇の中を彷徨っているといえるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

16 件のコメント:

  1. 以前より寂聴さんの発言には違和感をおぼえておりましたが、これでわかりました。多くのファンがいるようですが、寂聴さんのミスリードに惑わされない見識をもってもらいたいものだと思います。ちなみに私は死刑制度に賛成します。人を殺したならばその罪を償うのは当然であると思います。

    返信削除
    返信
    1. 全くもって同感です!
      日本の法律は、犯罪者の人権ばかりを大切にし過ぎて被害者や被害者家族の人権は置き去りです。
      基本的に犯罪者には自分がしたことと同じ罰を与えるべきです。

      削除
  2. 洪さん、はじめまして。
    いつも心に響く記事を発信して下さりありがとうございます。
    今日は初めてコメントさせていただきます。

    寂聴さんは、脛に傷持つ人に対しても優しい方だなと思っていたのですが、やはりそういったご自身の事情がいまだに心に残っているのでしょうか。

    自分の罪の重さに耐えかねて、自己正当化したいのが俗人(私も含む)だと思うのですが、ここは潔く認めて謝った方が良いと思いました。

    返信削除
  3. 世の中には犯罪者にシンパシーを感じる人も居る様ですね。
    普通の人は被害者に共感し心を痛め、同情すると思いますが。

    返信削除
  4. なぜこのような言い方されるんだろうと
    理解に苦しみましたが、納得いたしました。
    いつも為になる記事ありがとうございます。

    返信削除
  5. 汚ない言葉を公然と使う。

    言霊の事を語られたのを見たことありますが、(みせかけの言霊)だったのですね。良い顔をしても人間が二極化しているのが、よくわかりますね。

    返信削除
  6. 愛する家族を殺されるという事は、辛く、犯罪者にも同じ痛み苦しみを思いを味わって欲しいという感情も湧くと思います。
    犯罪者はずっと背負い生き、更生される事もひとつの道なのでしょうね。

    返信削除
  7. 前回の記事で述べた通り闇が深すぎるのか早速ミスリード始めましたね。
    しかし、遺族方を傷つけた言葉は跳ね返りが大きかったようで世間からは批判されてます。

    この件で彼女に対して考え方が変わった方が増えて離れることを願います。

    返信削除
  8. 洪さま。こんばんは。

    様々な事を分かったつもりで過ごす私達の事を、(無明)と言いますと、浄土真宗のお寺通信で読んだところでした。
    罪を犯した人は、同じ罪を犯した人を肯定して養護するようです。あの人は悪くないと。
    私も悪くないと。
    あの方の前世はどうだったのでしょうか?

    返信削除
  9. この方は某反日発言若者の団体の味方ばかりするので、胡散臭く思ってました。
    死刑制度に関して私個人としては賛成なのですが、江原啓之さんがおっしゃってる「人は人を裁けない」の言葉も気にかかってはいます。

    返信削除
  10. 寂聴さんのこのような発言には驚いてしまいます。殺された方の事、その家族の生涯を思うとこんな風な言葉は出てきません!
    その前に、犯罪者には気づきと改心をして欲しいです。

    返信削除
  11. 無差別や快楽殺人はともかく、殺される方にも何らかはありますよね。
    法律なんて出来るだけ公平?を目指したただの決め事なので、私情で死刑制度続行か、止めるかなんて決められないのもむずかしい

    返信削除
  12. (途中送信してしまいました)難しい所ですね

    返信削除
  13. 人を殺めておきながら、自分は助かりたい、というのはやはりおかしいと思います。もし死刑制度がなかったら、あの世に行ってからかなり苦しむのではないかと、かえってかわいそうに思います。ならば潔く、今生にいる間に死刑という形で罪を償ってあげる方が、犯罪者にとってはありがたいことなのではないかと思うのですが。私が罪を犯したならそちらの方を望みます。

    返信削除
  14. こんばんは、体調をかなり崩しております。殺したがるバカってとても苦しいです。素人でありながら、裁判員で死刑を指示しました。考えて考えて下した思いです。それをなんと言うことを言うのでしょうか、何を分かっておっしゃっているのか、現実を直視していただきたいです。

    返信削除
  15. こちらのブログで紹介されている発言のことは知りませんでしたが…
    乙武氏が離婚した際、瀬戸内寂聴氏が乙武氏を全面的に擁護するような発言をした記事を週刊誌で見つけた時、妙な違和感を覚えたのが印象的です。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます