2016年10月24日月曜日

愛とは?



以前に降りてきたスピリチュアルメッセージを掲載いたします



愛は地の塩のようなものです

塩が無ければ料理に味が無く、日々の糧を食すのもまさに味気ないものとなってしまいます

塩があるからこそ人は食事を味わって美味しくいただけます

愛が無ければ人のなす行いもその価値が失われます

たとえどれだけ優れた行いをなそうとも、人々から賞賛されようとも、そこに愛が無ければ何と空しい行為でしょうか

人のなす行いは、内に愛があるからこそ価値のあるものとなるのです

たとえ人々に善行をなし、貧しきものに施し、病める者を慰めようと、その内に愛無く、自らを飾り立てる気持ちで行っているのなら、それらの善行は空しいものとなります

愛の思いは、みなさんの価値を高め、日々の行いの価値、人生の価値を高めてくれます

それは人生を味わい深いものとする塩のようなものです

もしも愛が無ければ人生は何と味気ないものとなるでしょうか

人々は砂を噛むように、空虚さを感じながら日々を過ごさなくてはならないでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. 愛に溢れると、世界が輝いて見えます。そして愛を持って接した時誰もがみな思いやりに溢れて循環し、愛が雪だるまのように大きくなっていくように感じます。
    また困難も、愛に溶かされるように。
    人は自分だけに愛を求めた時、悲しいかな枯渇を感じます。けれど与えられたことに気がつき愛を返そうと思った時にまた愛に溢れた世界が動き出す。とても不思議な世の中だと思います。
    いつも大きな愛をありがとうございます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます