2016年9月7日水曜日

ブルース・リー の前世と宇宙時代の姿


ブルース・リーについて質問がありましたので書いてみます

今の人には知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、彼はアジア人の映画スターとして有名です



『ドラゴン危機一発』、『燃えよドラゴン』、『死亡遊戯』など、カンフーを使ったアクション映画の主演として活躍されました

彼は映画でカンフーの達人を演じていますが、現実にも截拳道(ジークンドー)という流派を創出した武人でもあります

彼を拝見していますと、いつも転生において、闘いの日々を送られていたように感じられます

昔の中国でも、武闘家として、独自の武術を組み出して、弟子たちを養育することをされています

また、東欧の国名まではわかりませんが、オスマン帝国との戦いで名を挙げた、戦士として、闘いの日々を送られたこともあるようです

それ以外にも、ローマのコロッセオにて、闘いの人として活躍し、大変な人気を得ていました

そのように、いくつもの前世において、闘いの人生を送り、それを繰り返しているようです

そして彼の宇宙時代の姿は、竜人の姿をしていたようです


ドラゴニアンと呼ばれる種族だったのではないかと感じられます

レプティリアンと呼ばれる凶暴な宇宙人の一種で、戦闘能力の高いタイプの宇宙人であったのでしょう

今世でも、ドラゴンとつく映画に主演されていますね

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. ブルースリーも凄いと思いますが、
    洪さんの霊能力もホント凄いですね(笑)

    返信削除
  2. ブルースリーは強さと凶暴さだけでなくやさしさを兼ね備えてた至上最強のスーパースターだと思います。彼を超える人物はおそらくこの先には現れないでしょう。

    返信削除
  3. ブルースの亡くなる前からの不安な様子(銃を携帯しだしたり)と、解剖してもいまいち死因がハッキリしない感じや、息子のブランドンが、主演の映画の撮影中に、実弾を入れられた銃で若くして亡くなっているので、何か怨念など受けてしまったからなのでしょうか??

    返信削除
  4. 三毛猫ゆず2016年9月8日 0:25

    こんばんは。オスマン帝国と戦った東欧の国の戦士とありましたので、興味があり、しらべたら、ハンガリー王ジギスムントが1408年にドラゴン騎士団をつくったとありました。これはなにか、関連はありますか。偶然とはいえ、ドラゴンは共通の言葉ですね。

    返信削除
  5. ドラゴンつながりで、漫画家の鳥山明氏はどうなんでしょ?

    返信削除
  6. 三毛猫ゆず2016年9月9日 7:29

    毎日ブログを拝見させていただいています。
    オスマン帝国とたたかった国々のなかにジギスムントが国王のハンガリー王国がありましたが、1408年にドラゴン騎士団を作ったとありました。ブルース リーがどんな戦士だったのか気になりますが、ドラゴン騎士団というのがあったのにはびっくりしました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます