2016年9月17日土曜日

宇宙人の魂を持つ者の割合は?地球生まれの魂もある?



質問もありました、宇宙人の魂を持つ者への、疑問について書いてみます

このブログでは、宇宙から地球へと生まれ変わってきた、別な惑星由来の魂について書いています

前世というのは知られていて、べつな国に生まれていた方が、転生して今世生まれ変わってきているというのは、多くの人が聞いたことがあるでしょう

普通は、同じ地球上で、別な国の人間として生まれていたのが、今度は日本人として生まれるなど、地球での転生を語られることが多いです

ですが、実際には、どうやら別な惑星から生まれてきている、宇宙人の魂とも呼べるものも多くいることが分かってきています

そこで、ブログ読者の中には、皆がもとは別な星から地球に来たのではないかとか、割合はどれくらいいなのかという質問をいただいていました

多くの方を拝見していて、宇宙由来の魂というのは、どれくらいかと考えると、感覚としてですが、おそらく三割くらいの方が、宇宙から地球へと、生まれ変わってきていると思われます

その中でも、すでに地球での転生が多い魂の場合は、地球に馴染んでいる方もいます

ですが、あまり地球での転生が少なく、最近来られた魂にとっては、地球に馴染めずに、深い孤独感や、疎外感を抱いている魂もあります

多数の七割くらいの方は、地球由来の魂であると思います

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 僕は鑑定してもらったらプレアデス由来の魂と言われました。つまり、宇宙由来の魂ということになりますか?

    返信削除
  2. いつもありがとうございます。毎日拝見させて頂いております。
    私は子供の頃、漠然と『自分はどこから来たのだろう?』『帰りたい。』などと思った事があります。
    家族が居ながら孤独感があり、わがままを言って大泣きしたり、思いっきり甘えたりなどの記憶がありません。親なしでお泊りしても寂しくは無く。
    幼稚園に入園の頃はこんな狭いところに大勢の子供が集められている事に驚きと不安を感じ、園庭で遊ぶ子らの甲高い黄色い声の渦にめまいを感じたり、お友達の作り方を学ぼうと周りで遊んでいる子供を観察してみても、何が面白いのかよく分からず、結局一人で空を見ながらブランコするのが好きでした。
    小学生になっても、乗り物酔い、人酔い、髪を切る時にじっとしていなければならない事、気色悪いドライヤーの風、人の言動にいちいち傷つく事など、様々な事を克服しつつ、他の人が普通にやっているように見える事が、私にとっては結構な努力が必要な事に思えて、普通の人間じゃないのかもなどと思ったり、実は宇宙人なのかなとか、妖怪人間ではないですが、『早く人間になりたい!』と、つぶやいてみては独り笑いしたり、。
    でも、中年になり、数年前、前世が分かる方に見てもらったら、宇宙人ではなかったので、やっぱり、地球人なのね、と思っていましたが・・・
    地球での前世があっても、宇宙からの魂の可能性もあるかもしれないのですね。・・・まだよく理解できてないかもしれませんが、スピリチュアルなお話はすきです。これからも楽しみにしています。
    最近、誰もがヘンだと言うほどの理不尽な思いをして、相手が納得しない為に少し引いてあげましたが、相手の態度に誠意を感じないが為に、引いた事を後で後悔して、どうにも納得がいかず、家の中ですが大声で叫びました。このようなトラブルニに見舞われなければならない理由が、やっぱり理解が出来ない未熟者です。叫んだ汚い言葉は自分に帰って来るのかもしれませんが、この世に居ると、結局このような事の繰り返しで・・・。嫌な思いをすると、怒りや悲しみを感じてしまうと思うのですが、どうして、こんな事で魂が成長するというのかよく分かりません。
    神様にとっては、どのような人間もかわいい子供なのかもしれませんが・・・

    返信削除
  3. 最近なぜか、自分でもわかりませんが元いた場所に戻りたい!とか帰りたい!という思いが強くて、毎日の生活に疲れてしまい、自分が嫌で嫌でたまりません。孤独感疎外感はすごく感じるし、せっかくの人生楽しみたいのに自分はずっとこの調子なのかなと思うととても悲しくなります。宇宙てなぜか惹かれます!

    返信削除
  4. 小学生の時、ふと、ここではないどこかが本当の居場所だと悟りました。それ以前からあった違和感もそれで説明がつきました。
    未だに馴染めません。社会にも、人々にも…
    親や周りの圧力で精神的におかしくなったのに、まだ生きています。
    自我の崩壊が起こるギリギリのラインでようやっと逃げる事が出来たのですが…
    病院の先生にすら上手く説明出来なくて、都合良く助けなんてある訳ありませんね。
    日本を離れて外国で働くべきであり、そうすれば自身の役割を果たせる。
    しかし、その時が来るのは後数年待たなければならないという事にも何となく気付いています。
    早く故郷に帰れるようになりたいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます