2016年8月9日火曜日

天皇陛下お気持ち表明へ


ビデオメッセージにて、天皇陛下がお気持ちを表明いたしました

そこのは直接的な表現は避けられたものの、務めを遂行するのが難しくなってきたため、譲位したいとの思いが述べられていました



ビデオメッセージで、特に気になったのは、「象徴としての天皇」というお言葉を強調されているところでした

日本国憲法の第一章第一条は「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」となっています

何とも分かりにくい日本語で、何を表しているか禅問答風の文章のように思えますが、つまりは天皇には政治的な権力を有さない、実権のない存在だということでしょう

天皇陛下の今回のメッセージでは、そうした象徴としての天皇ということを強調されたのですね

さらに「私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ました」と述べられています

これはつまり、政治的な現実的責任を負って、行政を行うものではなく、国民のために祈りをささげる、宗教的存在であることが一番の重要な役目であることを示されているものと思います

自民党や一部の者たちの間には、そうした天皇陛下の宗教的なもっとも大切な役割というのを軽視して、むしろ元首として、政治のトップに位置づけるような考えを持たれているものもいるでしょう

天皇陛下が、そうした政治上の責任を負わされるようになるなら、皇室は将来的に危機を迎えるのではないかという、思いの表れが、今回のビデオメッセージの背後にあったのではないかと感じられます

昨日書きました時にも、健康不安以外にも何かおありではないかと思っていたのですが、今回のメッセージを拝見していて、やはり天皇としての在り方に対する懸念があったように感じられます

以前にも書いたことがありますように、やはり天皇陛下とは、この日本をお守りされています天照大神の子孫であり、国民のためにお祈りを捧げられる、宗教的役割こそがもっとも重要で、尊い行為であると思います

そうした目に見えないものの役割を軽視する方向へと進んでいったのが、皇室の危機へと繋がっているのです

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. まさにそう思います。今の天皇家の在り方を時間をかけて確立なさって来られたと思います。その流れを過去のようにややこしい立場に変えることは、本意ではないでしょう。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます