2016年8月4日木曜日

障害者の生きる意味


先日は、障害者を標的にした残忍な事件が起こりました

そこで障害を持って生まれ、生きる意味について書いてみます
ある人は、耳が不自由だったり、目が不自由だったり、手や足が不自由だったり、あるいは体のどこかに、不自由な部分をもって生きることがあります

それは生まれ持ってのものだったり、その後の病気や事故により、起こることもあります

何らかの障害をもって生まれてくる方が、一定数いますが、それは何故でしょうか

一定の割合で、そうした方が生まれてくるのは、意味があり、人々に、健康に生まれて生きられることの有り難さを示しているのだと思います

生まれる前に、あらかじめ分かっていて、生まれてきているのです

もちろん、不自由のあるのは、肉体をもって生きているこの世においてのみであり、あの世に帰ると、不自由はなくなります

そうした障害をもって生まれてくるのは、前世でのカルマを解消するために、あえて選んで生まれることもあるのですが、そうではなくて、人々に感謝を教え、導きの光となるために、あえて生まれてくる者もおります

人々を愛をもって導こうとする天使という存在は実在していて、彼らの中には、あえて障害をもって生まれてくる魂もおります

有名な方では、ヘレン・ケラーさんも天使と呼ばれる存在が、人間として生まれてきたものです

また、今世では健康な体に生まれ合わせていても、転生の間には、障害を持て生まれる経験もしています

魂の学びの役回りとして、今世では、健常者として生まれるものと、障害をもって生まれるものとがいて、別な転生では、役割を変えて生まれてきます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 生きる力が湧いてきます。
    ありがとうございます。

    あらためて、洪さんのブログに出会えたことに感謝します。

    返信削除
  2. 障害児を育てています。この子を見ていて感じるのは、親の私などより、はるか魂のレベルが高いという事です。使命を持って生まれて来ていると痛感します。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます