2016年8月28日日曜日

庵野秀明さん宇宙時代の前世


先日は『シン・ゴジラ』の監督である庵野秀明さんについて書きました

彼の作品には、巨大な生物によって、滅ぼされる街や人がおおく描かれていました

ゴジラもそうですし、エヴァンゲリオンの使徒や、巨神兵などがそうでしょう

それについて前回は、彼の心理的な面から述べましたけど、さらにその先には、前世や宇宙時代の魂の記憶があるのではないかと感じられます

以前に書いた彼の前世で、ユダヤ教の教えを述べ伝える人物だったことを書きました

ユダヤの地であるイスラエルは、イエス様の死後数十年して滅ぼされています

そうした国の滅びの時に、かつて生きられたのではないかと感じられます

さらには、庵野さんは、別な惑星から、地球へと訪れたようです

その時に、宇宙人の兵器開発に関わる技術者をされていたようです

別な惑星の宇宙人が、彼の住む惑星に侵略があって、多くの仲間たちが滅ぼされる経験をしています

侵略者を撃退するために、兵器の開発に関わっていたのですが、結局はうまくいかなかったようです

こうした経験が、彼の作品に影響しているのでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます