2016年7月14日木曜日

天皇陛下、譲位のご意向


天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る譲位の意向を宮内庁関係者に伝えられていると報道が流れました

ただ宮内庁の次長は、この報道を否定しています

これは、天皇陛下は国政に関する権能を持たないと憲法に定められていますので、陛下のご意向で国会が皇室典範の改正に動いたとなると、憲法に反すると指摘される可能性があるため、現時点で否定されているのかも知れません

実際には、水面下で皇室典範の改正に向けて、動いているのではないかと思います

では、実際に生前退位されて、皇太子さまが即位されるとどうなるでしょう

天皇陛下の即位によって、日本の国としての動きが変わっていくということがあります

昭和の初期は動乱期で、戦争が勃発し、そして敗戦するという事態が起こりました

敗戦から後は、日本が荒廃した国土を復興させ、奇跡的な経済成長を遂げていきました

そして昭和の終わりころには、日本は好景気に沸き、バブル時代という良くない言い方をされていますが、瞬間的にアメリカを抜いて、日本が世界一の経済大国になったともいわれます

それから昭和天皇が崩御され、平成の時代になったのですが、それからいわゆるバブル崩壊とも呼ばれるよくない経済状況がおこり、二十年以上たった今もなお、不況が日本で続いていて、なかなか抜け出せずにいます

昭和の経済成長は、昭和天皇に、「戦後の荒廃から何としても抜け出し、国民を豊かにしていきたい」という強い思いをお持ちだったと思います

それが経済成長の後ろ支えになっていたのだと思います

1989年に昭和天皇が崩御されて、平成にかわると、上で言いましたように、日本はバブル崩壊がおこり、現在まで続く長期不況へとつながっていきました

このように、即位された天皇陛下の思いによって、日本の状況も変わっていくことがあるように思われます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 陛下の生前退位報道にはかなりショックを受けました。
    東宮様ご夫婦も、どうか国民と世界の平和の為の祭事に熱意を注がれますように。

    返信削除
  2. これを一番で報道したNHKはあやしい。おかしい。陛下がご存命なのに、生前(生きているうちに、亡くなる前に)という言葉を報道陣が使うのにも悪意を感じます。こういう場合は「譲位」とだけ表現されていることは歴史の教科書でも明示されてあるのに。生前ですって?退位ですって?

    返信削除
  3. 私もマスコミ(特にNHK)が怪しいと思っています。情報元も政府関係者だったり、宮内庁関係者だったりしてはっきりしません。
    大正天皇が、当時の裕仁皇太子を摂政に任命したように、譲位などしなくても陛下のご負担を十分に軽減できるはずです。
    あえて皇室典範を変えようとしているのか・・・何らかの悪意を感じています。

    返信削除
  4. 私も「生前退位」という言葉にものすごく気持ち悪さを感じます。
    「譲位」は日本人なら聞きなれた言葉のはず。
    しかも匿名の宮内庁関係者の情報というだけで、次官は正式に否定しているにもかかわらず、マスコミが煽るように一斉報道という流れも悪意を感じます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます