2016年6月25日土曜日

EU没落の背後にある霊的意味


昨日はイギリスのEU離脱について書きました

このままEUに残留しつければ、イギリスは緩やかな没落が続いていくことでしょう

離脱するのは、ぬるま湯から出るように、寒さに耐えて行かなくてはなりませんが、そこから復活してくる可能性はあります

ですがEUの中に飲み込まれていると、自国で出来ることに手かせ足かせがかかって、何もできぬまま、ずるずると坂を下ってしまうのですね

安倍首相は、消費税を延期させる条件として、大震災が起こるか、リーマンショック級の出来事がないと延期しないといっていました

一国の首相が、そうした不幸の予言のようなネガティブなことは言わないほうがよいのではないか、ということを言っていましたが、

その後に、熊本大地震がおこって、大きな災害が発生してしまいました

そして伊勢志摩サミットでは、世界経済は大きな危機に直面しているというようなことを言っていて、それは消費税の延期をする言い訳として言っていたのですが、今回、このような経済危機が実際に訪れています

安倍総理の前世について、政治家であり歌人であるような、言霊とかかわる者であったのですが、古来の日本では、言葉には魂が宿っているため、言葉を発すると、それが現実となっていくという考えがありました

ですので、なるべく悪いことは言わずに、良い言葉に置き換えたり、ポジティブな発言をするようにしていました

熊本大地震に続いて、安倍さんの不幸の言葉が、現実となっていっているような感じを受けます

そしてEU等のヨーロッパが難民問題に揺れたり、世界的な影響力が落ちてきて、パワーがなくなってきています

この背後には、ヨーロッパが長年行ってきた植民地支配のカルマの刈り取りがあると感じます

移民について差別を抱かずに、受け入れなければならないとする考えも、かつてヨーロッパが有色人種を差別し、ひどい扱いをしてしてきたことへの、カウンターとして表れているのでしょう

霊的には、カルマの刈り取りが行われてきつつあるように感じます

短期的には上下していきますが、長期的には、ヨーロッパは衰退の時期に入って行っているでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. EUの問題、私は疎いのですが、世間では、とてもネガティヴに捉える考え方を、よく聞くような気がします。
    洪さんのおっしゃるように、一時的な痛みや過程だと捉え、自然な回復力を祈りたいと思います。
    また、ヨーロッパの難民問題やIS問題ですが、ヨーロッパの歴史の中で、キリスト教圏とイスラム教圏の国々との戦いが長くあり、特に、キリスト教徒による十字軍は、神の名の下に、イスラム教徒の国々を蹂躙(破壊、殺戮、略奪…)してきたと聞きます。
    そう言ったカルマも、影響しているのかとも思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます