2016年6月8日水曜日

舛添要一都知事の問題


現在話題になっている舛添要一都知事について取り上げてみます

舛添さんが政治資金で私的な流用をしたのではないかということで今回はやり玉にあがっていますね

法律ではどのような用途に限定すると定められていないため、法律に触れるわけではないのですが、マスコミなども一生懸命騒ぎ立てていますので、国民も一緒になって批判を高めています

他の政治家も同じように厳しく精査すれば、同じような問題が出てくるはずですが、今回舛添さんがやり玉に挙がったのには、何らかの意図が隠されている感じがします

政治家の中で、自身が都知事になりたいか、自分の意向にそった都知事を出したいか、そうしかことを狙っている者が、裏で色々と画策しているのでしょう

政界は怖いところで、そうした足の引っ張り合いが、裏ではよく行われているようです

舛添さんは、お金に執着するところと、プライドが高いところがありますので、そうしたところが今回の批判に油を注いでいる部分があるので、自業自得のところもあるでしょう

ただ、舛添さんに責任を取らせるのなら、彼に投票した都民にも何らかの責任を取ってもらうのが、再発防止にはよいでしょう

よく同じような政治とお金の問題で、マスコミや国民が政治家を批判するのですが、もしも本気で再発を防ぎたいのなら、選んだ側も厳しいペナルティーを科したほうがようでしょう

そうすれば真剣に政治家を選びますので、そうした金銭的トラブルを起こさない人を選ぶようになるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

10 件のコメント:

  1. 確かに。前回、私の周りの舛添氏に投票した人たちは誰に投票したらいいかわからないから、もう舛添さんしかいないわよね。。といっておられました。私は他の方に投票していたのですが、皆さん結構あまり考えずに知名度だけで投票するのかな??と思ってしまいました。自分の意見なんて反映するわけないんだから、と諦めた感覚の方、本当に多いです。人任せにしないでもっと政治について真剣に考えて欲しいです。

    返信削除
  2. マスコミが騒げば騒ぐほど注意したほうが良さそうですね。

    返信削除
  3. ねるとなあじゅ2016年6月9日 0:47

    青島幸男元知事あたりから、知名度で投票してるからこうなる。

    中国に行って、印鑑をもらおうとしたこと。
    韓国に恩返しとして、都有地に定員割れの韓国人学校を約束したこと。
    舛添知事とマスコミの問題は、金銭問題ばかりで、隣国のことは、どこに遠慮してるのか報道されない。


    外国に都有地を貸せば、立ち退かせられない。合法的に領土が乗っ取られることになる。
    だから京都の公園で居座られた問題が、報道されないから、在特会が過激になって、ヘイトスピーチが注目されるようになった。
    ヘイトスピーチ対策法が成立されて、川崎で日本人の言論が弾圧された。数十人の許可と取ったデモに、数百人の無許可のカウンターデモ。
    内側から日本が乗っ取られてるのに、指摘したらヘイト扱いされる。

    返信削除
  4. 桝添さんとは関係ないのですが、つい最近、こんな話を聞きました。
    双子の子育てをしているシングルマザーの方のお話。

    赤ちゃんたちが産まれて間もなく、旦那さんが帰ってこなくなり行方不明になったとのこと。主役が赤ちゃんたちになり、自分に振り向いてくれなくなったからだろうと話していました。
    「なんてひどい旦那さんだ❗」と私は思いましたが、彼女いわく「そういう旦那を選んだ自分にも責任がある」
    私の心にもグサッと突き刺さる言葉でした。(笑)

    返信削除
  5. ねるとなあじゅさんがおっしゃる韓国人学校問題など、
    これまでの舛添都政に大いに不満があります。
    金銭問題などさして関心ありませんが、擁護したいとも
    思いませんね。

    返信削除
  6. 洪さんのおっしゃるとおりで、舛添都知事だけの話ではないと思っています。
    政治家の立場にある人間が、税金をどれだけムダにしてるかというお話で、民進党のガソリン代の話とか、号泣議員とかからも見るように相当なムダな計上というのは腐るほどあるのではないかと思われます。政治家のそういう問題関しての答弁は全く理解できないことが多いです。言葉遊びだらけです。
    政府は税金を上げる前に、ちゃんとそういうところの規律から整えてほしいといころですが。ないでしょうね。それをやろうとする政治家がでたら潰される気もします。
    今回の問題は洪さんもおっしゃってますが、応援した建前上、舛添氏を直接降ろせない自民党の意向なのか、別勢力の圧力なのか?と考えてましたが、なんとなくですが、これらの問題を法的に問題ないのだから舛添氏は問題ないからこれ以上騒いでもムダだよという掲示なのかな?とも思ってしまいます。
    舛添氏に対する感情よりも、こういう問題がでないように政治資金にたいする法律にメスを入れることの方が重要だと思います。日本の法律ってのはどっかで抜け道になることが多い気がしてならないです。だから言葉次第でいくらでも取りようがあるんでしょう。それらを利用している人間がいわゆる上とよばれる立場の人が多い以上、厳格化するようなことは基本的にはないだろうなとは思っていますけどね。

    返信削除
  7. ここ数日のバッシングの盛り上がりっぷりには、STAP細胞の時の騒動を彷彿させる程の異様さを正直感じております。

    もちろん今回は本人の落ち度が大いにあって引き起こされた事態ではありますが、
    今日本人にとって、もっと敵視しなければならないような存在や、暴かれねばならない事実は、まったく別のところにあるのではないでしょうか。
    肝心とすべき話題を都合よく逸らされているような気がします。

    やはり誰かがマスコミを操作しているのでしょうし、国民や都民はいいように乗せられているのですね。

    返信削除
  8. この記事で地元の選挙のときになぜその人に投票したのか、と団塊世代の男性に聞いたことがあったのを思い出しました。因みに彼の答えは「その人(立候補した人)に土地を借りているから。このへんじゃ皆義理だけで選んでいる」。私は公約とかで選んでいるのですが地域密着型の議員の場合は向こうがかけているのか、こちらがそう受け取ってるだけなのか無言の圧力があるらしく、公約よりも将来よりも個人に対しての恩義という即物的要素で議員を選んでいることが多いのだそうです。その件で自分達より大人なのに未来のこと考えて投票してないの?と当時成人前の自分はなんかショックを受けたのを思い出します。けれど恩義の気持ち、は大事ですしその候補者と選挙関係なく地域交流し続ける面を考えるとやむなしな気持ちも分からないではありません。ですが今、日本全体でそういう人たちがいて投票していると考えると「その選択で本当にいいの?」といい加減問いたくはなりますね。

    返信削除
  9. 腐ったみかんじゃないですけど、政治家ってみんな何かありますよね-。でも、何にも悪い事を一つもした事が無い人なんておそらくいないと思うので、あら探しすれば何か出てくるのでしょうし、今回は、数が多いけど、ものすごい悪い事でもなく、すれすれを行っているのだから、指摘されて反省しました、以後気を付けます。くらいでも良いのではないのかしら?って言うか、政治家が世の中を変えてくれるとか、あまり期待しないで、私たちみんなが、世の中の為に出来る事を考えて行動すると言うのは・・・理想過ぎますかね。

    返信削除
  10. 候補者見たけど泡沫候補しかいなかったでしょ?有っても細川だもの、知名度的にもなかなか難しいから、都民に罪を着せるのはどうかと

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます