2016年5月8日日曜日

他人からのネガティブな念を受けて悪影響をうけるか


Q,人の人相や性格・精神状態などが、他者からのネガティブな想念を受けることによって、良くない方向に変わってしまうことはあるのでしょうか?

A、それはあります

例えば、身近な人がネガティブなことばかり言っている場合は、その影響を受けて、ネガティブな考えになったり、精神状態がよくない方向に進むことはあるでしょう

あるいは、その他者が自覚なく愚痴や不平不満を口にしたり、人の悪口ばかり言ってネガティブな念を出している場合もありますが、人を貶めようとか、自分の思いのままに動かそうとして、積極的にネガティブな念を向けることがあります

よく言われる呪いなどが積極的なネガティブな念のなかに入るでしょう

ご自身が自覚なくとも、呪いと同じような、自分の生霊を飛ばしてくる方もいます

こうしたネガティブな念を受け、悪影響を受けている人も確かにいるのですが、それは受けている本人が何かしらの導通する部分を心の中に持っているといえます

受けている人の心境が住んでいて、鏡の表面のように綺麗に磨かれた心持であれば、そうした呪いやネガティブな念は、相手へと返っていきます

影響を受けてしまうという状況であれば、まだ自らの心境がそこまで至っていないと自戒したほうが良いかもしれません

昔から念を返すのに鏡が使われていましたが、確かに物理的な鏡にもそうした機能は少しあるようですけど、もっとも効果的なのは、ご本人の心を曇りなく磨いて、鏡のように輝かせることでしょう

そうすると悪い念を向けられたとしても、それを相手へと返すことができます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. 質問への解答ありがとうございます。

    スキャンダルが報じられた有名人が、繰り返し似たようなトラブルを起こしてしまうのは、
    バッシングにより不特定多数の他者から、悪い想念を受けてしまうからなのですね。

    とはいえ、有名人側がはね返すことができたら、想念を受けるのはバッシングしていた人達。
    安易で程度の低い行為は慎むべきですね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます