2016年5月4日水曜日

ドリーン・バーチューさん前世 Dreen Virtue


ドリーン・バーチューさんはアメリカのスピリチュアリストで、エンジェルセラピー創始者で人気のオラクルカードを出されています

この方について質問がありましたので書いてみます

ご存じない方も多くいらっしゃるかと思いますので、以下に彼女について説明されていた紹介文を掲載します


ドリーン・バーチューは四世代にわたる形而上学者にして、天使、自然現象、聖天した聖人(アセンデッド・マスター)に関する書籍を執筆し、ワークショップを行っています。天使、チャクラ、クリスタル・チルドレン、インディゴ・チルドレン、健康とダイエット、そして、心と身体に関して20冊以上の著作があります。


ドリーンが天使の声を聞くまで

ドリーン・バーチューは、大学で心理カウンセリングを専攻し、B.A、M.A、学術博士号の三つの学位を取得しました。テネシー州にあるカンバーランド病院内に女性精神科病棟を創設し最高責任者として活躍、また、サンフランシスコのウッドサイド女性専科医院では、管理行政官として勤めました。

こうした、女性たちの心理的問題を専門とする精神科の病院のほか、思春期の若者たちのドラッグやアルコール問題などを扱う3ヵ所の外来センターの運営管理にも携わりました。

ドリーンは、メタフィジシャン(形而上学者)の家系の四代目であり、生まれながらの透視能力者です。幼少時には、“目に見えない”存在を実際に目でとらえ、彼らと話をしていました。

ところが、そのことが周囲のからかいの原因となり、結果、彼女は目の前の事実を完全に否定し、自らの能力を封印してしまったのです。

ドリーンは、“あなたは、ボディ・マインド・スピリットのテーマを扱う指導者となる”、という天使からのメッセージを無視し続けました。天使たちに反発したり、彼らの声を無視して過ごしていたのです。

そして、1995年7月15日の午後、その後の彼女の人生を大きく変えてしまう出来事に遭遇します。

その日、ドリーンは、天使から、車の盗難に遭うと警告されていたにもかかわらず、いつものようにそのメッセージを無視して行動していました。彼女が駐車場に車を止めようとしていると、二人の男が近づいてきました。

男たちがカージャックをしようと、武器をちらつかせたそのときです。

天使が再びドリーンに警告しましたー突然、男性だとはっきり分かる大きなその声が、緊急事態に気づいていないドリーンに、思い切り叫ぶよう指示したのです。

とっさに彼女はそれに従い、彼女の叫び声を聞きつけた通りがかりの人が事態を察知したおかげで、二人の男は逃げ去りました。

ドリーンがどれほど無視しようとも、天使たちは、人生最大の危機に陥った彼女を見捨てはしなかったのです。

それがきっかけで、彼女のクレアボヤンス(透視能力)は、幼い頃の記憶とともに、急速に回復していきました。そして、神のガイダンスを受けながら、まったく新しい観点から心理学を学び、エンジェル・セラピーを生み出していきます。


私も彼女の本を途中まで読んだことはありますが、よいことを言われているように思います

おそらくご自身の守護霊(あるいは指導霊)のことを天使というふうに表現されているのでしょう

海外では守護霊のことをガーディアン・エンジェル(守護天使)と呼ぶことがあるので、間違っているわけではありません

霊能者の方には高級霊や神様からの啓示を受けたと信じていても、実際には低級霊の場合がほとんどですが、この方は確かにご本人の守護霊とつながられているのでしょう

この方の前世ですが、そのままと言ってよいでしょうが、ギリシャで神託を受ける巫女さんをされていたようです

哲学者のソクラテスがアポロン神託所にて、巫女に「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と言われたという出来事が伝わっています

古代のギリシャにおいてはそうした神託を伝える巫女さんというものがいたのですね、ドリーンさんはそうした巫女さんをされていた前世があるようです

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 質問をさせて頂いた者です。お答え下さり、ありがとうございました。
    ホッとしました。実は、この方のことをあまり良く言わない方の記事を読んだことがあり、それまでドリーンさんを信じていたので、不信感を持ってしまいました。洪さんのおっしゃる「低級霊」に操られている、という内容です。怖くなって、ドリーンさんの本も捨ててしまったのでした。でも、この記事を読んでホッとしました。ああ、あの本勿体なかった~(笑)ありがとうございました!

    返信削除
  2. ドリーン•バーチューの
    願いを叶える77の扉、という本を持っていましたが(Bookoffで売ってしまいましたが)良書でしたよ☆★
    本自体の空気というか、とても良かったですよ♡

    返信削除
  3. いつも素晴らしい記事を有り難う御座います。
    昨夜、この記事を見てから、ドリーン・バチューの動画を見ました。
    2016年の出来事も出ていて、私の事かな?と思うくらい感動しました。

    また、ドリーン・バチュー氏が注意として語られていた事ですが、「ニュースや番組で悪い内容のものは見ないほうが良い」とあり、実に、現在に即していると思いました。
    TV番組で言えば、民放の今話題のドキュメンタリー(私も見ましたが、良い番組ではありませんね。番組名は書きません)は、視聴者を恐怖に陥れると思います。ニュースもタイトルだけでよいでしょう。

    返信削除
  4. ドリーンさん大好です。
    チャクラヒーリングのCD 沢山聴きました。
    それに音楽もとても癒されますよ。
    深い意味が解らないけど英語でも癒されますね。
    魂が良いものを解るんですね…。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます