2016年4月22日金曜日

自衛隊とマスコミ



今回の熊本の大地震でも自衛隊の皆様はたいへんな活躍をされています

被災地にて炊き出しをされている映像が流れますけど、温かなご飯は、被災者の方々のためのもので、自衛隊の皆さまは冷たいままのレトルト食品を口に流し込んで食事されています

それに対して、普段から何かと自衛隊を批判していますマスコミの方々は、被災地に行きコンビニで弁当を買い占めたり、ホテルを自分たちの予約で埋めて無断でキャンセルなどを繰り返しているようです

ネットでもマスコミの車が給油所で横入りしたり、被災地の上空をヘリで飛ばすものですから、被災者の声が聞こえないではないかという批判が出ています

オスプレイに対してもマスコミは批判的な報道をされていますが、現地の被災者の方からは逆にメディアへの批判が出ています

日本を貶めたいと思っているマスコミが自衛隊を悪しく印象操作してきたのですが、このような災害のある時には、国民もその存在のあり難さを再認識するでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. 自衛隊の皆様は、本当に素晴らしく尊い活動をしてくださっています。
    批判する人は、自衛隊の皆様がして下さることを自分ができないのに、よく言えたものだと思います。

    朝のニュース番組で、被災地で活動しているプロレスラーの方とスタジオのみなさんが電話でお話していました。
    最後の方で、プロレスラーさんが「ちょっとこれだけお願いしたいことが、、、」と切り出したのが、【報道のヘリコプターの音で防災無線が聞こえないのでみんな困っています。配慮をお願いしたいです。】といった切実な訴えでした。

    報道してくれるのはありがたいですが、それよりも救助活動や被災者支援を優先してもらいたいです。
    過去の震災の被災者で、ヘリコプターの音で助けを呼ぶ声が届かなくてとても不安だったという方もいらっしゃるそうです。


    こんなことはマスコミは自分の行いですから、地震のメカニズムやエコノミー症候群の解説みたいにはワイドショーなどでは取り上げられないでしょうね。


    ネットで拡散して多くの人に知ってもらうことで、何か報道者が変わってくれればと思います。

    返信削除
  2. 丁度今日ニュースで被災者の為に何かできないかと手作り新聞を始めた現地の子供(小中学生くらい)が同じような事を書いていました。そこの自衛隊は自分は朝ご飯を食べず被災者の朝ご飯を用意していたそうで、感謝を忘れてはいけないというような内容でした。子供の新聞の方が真実を伝えています。日本を咎めたいマスコミは一体何がしたいんでしょうか。日本が嫌いなら自分だけ好きな国に移住すればいいです。他の日本に住み続ける人々に迷惑をかけないで欲しい。

    返信削除
  3. SNS 等の普及でマスコミの横暴ぶりが即座に拡散されるようになりましたね。因果応報だと思っています。震災時には原則、被災地や近隣地域のローカルTV ・ラジオ局に報道の優先権を譲るか、NHKとロイターだけに被災地入りの許可を与え、視聴率目的ではなく被災地目線の情報発信を伝えてほしいです。

    返信削除
  4. 私は自衛隊のファンです。
    国と国民に尽くすことは、最高の精神です。
    私には出来ないことなので、せめて尊敬しています。

    返信削除
  5. 日本国を守り人を助ける自衛隊を尊敬しています。
    自衛隊の存在を歪めて攻撃対象に利用してきた集団が多すぎます。日本を愛しているとは思えない政党やマスコミやいろいろな団体。つくづく日本は本当に複雑な国になってしまっていて、日本に生きるという愛国心で絆が結べない国なのですね。
    日本を卑下する政党や歪んでいるマスコミを暴くことは、マスコミでは決してしない、出来ないでしょうが、今は一国民から真実の小さい声をあげることが出来る世の中になりましたよね。それについて賛同の声をあげる事もできる時代です。事実と正しい判断がとおるまっとうな世の中、日本になってほしいです。マスコミには強いしがらみや悪意ある目的がありすぎるのでしょうが、もう今までのようには好きにできないことに気づくべきです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます