2016年3月24日木曜日

手術で体を切るのは前世で人を傷つけたから?


Q、帝王切開 前世と調べたらこちらにたどり着きました。手術や帝王切開など、身体にメスを入れた人は前世で人を殺めたり、傷をつけたからというのを聞きました。本当でしょうか?

A、手術をした人間がすべて前世で人を傷つけたカルマによるかというとそんなことはないでしょう

なかには前世で人を切りつけたために、同じ個所にメスが入るということもあるでしょうが、すべてではありません

逆の状況として、前世で人を切って傷つけたカルマから、今世では外科医となって人を切って助ける仕事をしている場合もあります

人を切る行為は同じなのですが、傷つけてしまう行為と、助ける行為で真逆の意味になるのですね

現在は医学が進歩していますので、昔であれば亡くなっていた人も、手術を受けることで助かったり、体がよくなることがおきますので、多くの方がメスが入るようなことが起こりやすくなっています

帝王切開で出産するなども、昔であれば死産であったり、母体の安全も危ぶまれる状況になっていたと思いますが、現在ではお腹を切って安全に生まれられるようになったということです

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. 「目には目を」みたいなのが、カルマの刈り取り方法ではないんですね。沢山生まれ変わっていたら、殺人とかもやっていそうで、そのカルマの苦痛から逃れたいわけではありませんが。ただ、色んな刈り取り方があると思うと、ほっとしました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます