2016年3月8日火曜日

槇原敬之さんの前世


アンケートで質問のありました槇原敬之さんいついて書いてみます

槇原敬之さんは日本のシンガーソングライターでSMAPに曲提供した「世界に一つだけの花」は大変人気がありました


他にも「どんなときも。」「もう恋なんてしない」などの名曲をたくさん出されています



この方を拝見していますと、西洋の宮廷で音楽を作られていたのが浮かびます

クラシックの作曲家をされていたのでしょうが、何か制限された生活だったようですね

領主に気に入られたというか、非常に独占欲の強い方だったようで、槇原さんの前世の方を手元に置いて離さないようにしました

彼はそうした息苦しい中で、音楽を作り出している姿が見えます

前世でも才能のあふれた方であったのですが、籠の中の鳥のように自由なくくらしていたようです

今世とどのような繋がりがあるかはわかりませんが、そのようなビジョンが見えました

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます