2016年3月17日木曜日

芸術家はチャネリングしている?


Q、素晴らしい作品を作る作家や音楽家などは、無意識にもチャネリングしていたり高次の存在とコンタクトしていたり?するものでしょうか?

A、チャネリングの定義にもよるでしょうが、双方向のやり取りとなると若干違ってきますけど、すぐれた芸術家は高次の存在から降ろされたインスピレーションを受け取って作品にしているのですね
たいていの芸術家は、何らかの霊的なインスピレーションを受けて創作しています

ご本人に自覚がなくとも、そうした霊的な影響というのはあるのですね

また、インスピレーションを降ろしてくる相手が高次の存在とは限らずに、なかには低級霊による影響を受けた作品もあるでしょう

近年の絵画や音楽には、そうした低次の影響を受けたものも多いように思われます

以前にも音楽の影響などを書いたことがありましたね

どのような世界の霊存在と繋がるかによって芸術家の作品は変わっていくでしょう

例えば有名な画家のピカソは、作風がめまぐるしく変化した方で、「青の時代」「ばら色の時代」「総合的キュビスムの時代」「シュルレアリスム(超現実主義)の時代」などたくさんの区切りをされています

こうした作風の変化の背後には、影響を与えている霊存在の変更があったのだと思います

指導霊などと呼ばれることがありますけど、仕事の分野などを指導する霊的な存在がいまして、その指導霊は時期によって変わることがあるのです

ピカソの場合も、指導霊の変更によって、作風もガラッと変わったのだと思います

このように、芸術家は様々な霊的な影響を受けて作品を書いています

ちなみに以前に紹介したこともあります「光のスピリチュアルアートの著者でもある綾小路有則さんの作品などは、高次からのエネルギーを引いていて、その光が作品から放出されているように感じられます

現代でも優れた芸術家は、高次の存在からのインスピレーションを受けているのですね

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 以前こちらのブログで光のスピリチュアルアートが紹介され、初めて見た時は「ま、眩しすぎる…!」 と感じたのですが、今日、過去記事をもう一度見て、非常~に癒されましたよ!
    ちょっと気になる事があって、心が疲れていたのだと思います。栄養になりました。
    ありがとうございます。

    返信削除
  2. スピリチュアルアート気になったのでネットでみたら 光が強すぎてエネルギー酔いしちゃいました(汗)満月の日も よくこんな感じになります。
    何枚かの作品をみたのですが どれも誰かの姿が真ん中に見えるのですが 誰なんでしょうか?

    返信削除
  3. こんにちは。
    芸術家はチャネリングしている、そんなんでね。優れた画家は常に新しい試みをして自分の絵を変革しているのて脛、その代表的な画家がピカソですね。

    このピカソを超えて歌らしい絵画の世界を開拓し、美術史に巨大な足跡を残した巨匠画家がいますのでレポートしてみました。美術における変革と花は何か?を体現し、現代絵画やアートの道を開いた画家なので必ずご参考になると思いますので、ぜひ覗いてみてください。

    返信削除
  4. こんばんは
    いつも楽しく拝見しております。
    ちょうど昨日、スピリチュアルアートの著者の綾小路さんの光の瞑想DVDが届いたところです☆
    とても素晴らしくて癒され、自然と涙が出ました。美しい世界のものは心に響くものがあります(❁´◡`❁)

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます