2016年3月24日木曜日

乙武洋匡さんと前世のカルマについて


Q、最近話題の乙武さん。彼の身体は過去世に中国で君主の命令とは言え、手足を切断する業務を実行する立場にあり、不本意ではあったけれど、止めずに続けたことの良心の呵責から選んだと。今回のことも関係あるのですか

A、乙武洋匡さんは「五体不満足」を書かれベストセラーとなり、TVでもよくコメンテーターとしても活躍されているかたですね

最近は不倫報道などがあって何かと話題になっているようです

質問では中国の役人時代に手足を切断する業務に云々とありますが、私がそうしたことを述べたこともありませんし、彼についてそのような前世は見えません

今日の別な記事では今世で体にメスが入るのは前世で人を傷つけたからか?という質問に、必ずしもそうとは限らないと述べています

彼のように何らかの障害を持って生まれてくる方を、前世での報いでそうなったとする見方をする人もいるようですが、これも必ずしもそうではないです

たとえばヘレン・ケラーという皆さんご存知の偉人の方は、視覚と聴覚に障害を持って生まれていますけど、前世でのカルマの刈り取りという理由からではありません

あえて障害を持った身体で生まれてきて活躍することで、世の中の光となるように、人々への慈悲としてあえて生まれてきている方です

乙武さんも、今回は不手際を起こしてしまいましたが、彼が明るくポジティブに活躍することによって、障害を持たれている方や、その家族に対して、光明となっていた面があったと思います

ですので前世のカルマというよりも、乙武さん本人も、そのご家族の方も、世の中のお役に立つためという目標があって生まれ合わせていたものと思います

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. 乙武さんの今回の件は残念としか言いようがないですが、奥様のコメントが印象的でした。
    それぞれ大きな決心をしてご結婚されたのでしょうから、お二人で困難を乗り越えて頂きたいものですね。

    返信削除
  2. それは伊勢白山道が言っていたことだよ。
    彼の本に有名人の前世が書かれてあったから。
    ちなみにビートたけしの前世は、中国の紫禁城の皇帝とか言ってたみたいだから、こことは少し違うね。
    でもおれはこっちを信じるよ。
    伊勢白山道の本からは低級宗教霊特有の匂いがする。
    たぶん彼は宗教霊に憑依されてるんだろね。

    返信削除
  3. 拝見するのを楽しみにしています。
    お持ちの視点には、温かみがあって、
    読み終えると、笑顔になれます。
    応援しています

    返信削除
  4. 何らかの障害をもって生まれてきた方々を前世での報いだなどと平気で口にする人達の生き方とはどんなものなのかと苦々しく思います。安心しました。
    乙武さんの件、残念で憤慨もしますけれど、ご家族をもっと大切に、これからのご活躍を見せていただきたいと思います。

    返信削除
  5. 障害を持って今来てる方々は皆さん、凄いチャレンジャーであり、志高い方々だと基本的に思ってます。どのような展開になるか、この時代だからこそ、さらなる困難な状況を打破する姿見守りたい感じですね

    返信削除
  6. 不倫や浮気は社会的信用を失うので、やめてほしいです。しかし、乙武さんの前向きパワーパワー見習うところがあると思うし、自己肯定的な所は良いと思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます