2016年3月31日木曜日

自殺者の死後の状態


Q、病気を苦に自殺したり、鬱で自殺に至るのは悪いことなのでしょうか。肉体を去ったあと苦しみますか。




A、よく幽霊が出る場所と言われているところがありますね

心霊スポットなどと呼ばれたりもいたしますが、そうした場所では、以前に自殺があった場所であったり、自殺の名所とよばれるところがおおいでしょう

それは何故かというと、普通は亡くなられるとあの世と呼ばれる世界にいくのですが、自殺されると浄化できずに、この世にとどまって、苦しい状態が続いてしまっているからです

たいていは苦しみから逃れたくて自殺を考えていると思うのですが、自殺すると、その苦しい状態がずーっと続いてしまうこととなるのです

自殺の名所のように、亡くなられる方が続いいている場所では、自殺されたかたが亡くなっても何度も自殺行為を繰り返していて、その近くを通った近い心境の方に憑依して、また自殺行為を繰り返すなどをしていることがあります

そうすると罪が深くなってきますので、ますます浄化は難しくなってしまいます

ですので昔から様々な宗教で自殺はよくないと言われていたのでしょう

自殺されると苦しみが続いてしまうケースがほとんどで、すぐに浄化するケースはまれだと思われます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 質問に答えて頂きありがとうございます。
    ならばどうすれば早くその状態から抜け出るようにしてあげる事ができますか?

    返信削除
  2. 私の仲間が自殺してしまった時は、仲間の有志がしばらくの間彼女のために般若心経を唱えました。

    以前に「悼む人」という本を読みましたが、映画も上映されたと思います。
    不慮の事故や自殺した見ず知らずの方のために悼むという物語りでした。
    何か参考になるかもしれません。

    返信削除
  3. ありがとうございます。「悼む人」調べてみます。
    後に現地に皆で行った時、生前一番身近だった者が般若心経を唱えておりました。般若心経にはすごい力があるのですね。

    返信削除
  4. 私は一時期波長が下がり、地獄を見ました。
    それは夢だったのですが、見る夢見る夢全てが悪夢。多分あれは実際の地獄と言われる階層に行っていたのだと思います。雑虚ビルのエレベーターで上った階で降りると、そこは座敷牢になっていてヤクザのような恐い人達に監禁される。というのや、建物の中に入って、薄暗い足元をよーく見ると一面インコのフンと死がいだらけ。とか、古い雑居ビルの屋上にドクロ模様の黒いスウェットを着た金髪の痩せた兄ちゃんが飛び降り自殺する瞬間を見てしまう夢とか。子ども達の手を引き、山を歩くのですが、でこぼこ道で歩きづらい!で、よーく足元を見てみるとその凸凹の一つ一つが人の顔だった、とか。あの時自殺していたら確実にあそこに行っていたと思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます