2016年3月18日金曜日

ショーンKさんショーン・マクアードル川上さん問題について


先日から週刊誌でショーンKさんの経歴詐称が話題になっています

ショーンKさんは経営コンサルタントと称して、テレビ番組のコメンテーターをされています

あるニュース番組でコメンテーターをされている彼を拝見することがありましたけど、発言自体は空虚な感じを受けさせるような、正直言ってあまり中身のない言葉という印象を受けました

ちょうど先日、メラビアンの法則を紹介いたしました

多くの人は、他の人を判断するのに見た目などの視覚情報を重視し、次いで声質などの聴覚情報がきて、そのあとに発言内容などの中身がくるというものです

比率としては視覚55%、聴覚38%、内容7%と言われています

実際の数値は違うとしても、重視される割合は、視覚>聴覚>言語の順になっているでしょう

ショーンKさんは見た目も良いですし、声も印象に残るようなよい声質だと思います

そうした視覚と聴覚の対人印象のよさによって、テレビなどで人気となっていたのでしょう

ですが中身はというと、人気には伴っていなかったでしょう

この世では肉体に宿って生活しているため、視覚や聴覚などの肉体感覚に影響を受けやすくなりますが、そうした中で中身を判断していくことが修行になっていきます

見えないものの価値を見極めていくことが大切なのですね

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. 見えないものの価値を判断できなかった若かりし頃、まさに視覚55、聴覚38、中身7で結婚してしまった私❗

    それまでの修行の足りなさを痛感した日々でした。

    早々と決断もし、お陰さまで笑って話せるくらいになりました(笑)

    返信削除
  2. 見えない人の心の闇って深いですよね。
    罪や善悪の判断は個人の価値観や国法、文化に左右されますが・・・
    でも、人当たりも良くて良い事を言い、また表面的には善人に見えるが実は腹黒い、なんて人間もいます・・・。
    肉体が在ればいくらでも悪心を隠し、目に映り耳に聞こえる表面的なものを利用し、いくらでも装うことが出来てしまうから。
    また肩書き、学歴、名声も同じ・・・つまりイコール人格者?とのある意味間違った?風潮が社会に根付いていることも確かですよね。

    いろいろ勉強になります。

    返信削除
  3. この方これから強く生きて欲しいですね
    子供のうちに嘘はまずいとわかる出来事があってしかってもらったらよかったのにね。
    何歳か知りませんが人生やり直して、自分なりに。私は以前自分を偽り築いた人生がガラガラ崩れたことを経験したので。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます