2016年2月22日月曜日

LEDで病気の回復を促す時代が来る?


Q、最近LEDが主流で白熱灯は少なくなっていますが、世の中の電球の移り変わりは何か意味があるのでしょうか?個人的には白熱灯が暖かみが有り好きなのですが。



A、なぜこのブログでLEDについて質問しようとされたかわかりませんが(笑)一応書いてみたいと思います

LEDとは発光ダイオードのことで、従来の白熱電球にかわって普及してきました

LEDと白熱電球の違いとしては、まず寿命の長さがあげられます

白熱電球の寿命が1千~2千時間なのに対して、LED電球の寿命は約4万時間と言われています

20倍から40倍も寿命が長いのですね

そして消費電力も白熱電球の20%程度だそうです

長寿命で消費電力も少なく、経済的でエコなため普及しているのですね


このLEDなのですが、面白い話として、アメリカのNASAや米軍、老人ホームなどで、治療器具として利用されているケースがあるそうです

特定の波長を出すLEDの光を当てることで、傷の回復を早めたり、筋肉の増加に効果があるとされています

原理はまだ詳しくわかっていないのですが、LEDから出る電子がミトコンドリアを活性化させるからではないかともいわれています

いずれにせよ、将来的には、LEDの光によって、病気の回復を促すようなことがされるかもしれませんね

現在でも植物の育成を高めるために特定の波長を照射する、ということが行われているかと思います

LEDの光はまだいろんな可能性を秘めているかもしれません

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. 病気を抱えている者としては、それこそ光が差してくるような話題です❗(笑)

    ありがとうございます。

    返信削除
  2. ブログのランキングが一位になったということで、これを記念して歌の歌詞をお届けします♪

    「ひとりの手」

    ひとりの小さな手 何もできないけど
    それでもみんなの手と手をあわせれば
    何かできる 何かできる

    ひとりで歩く道 遠くてつらいけど
    それでもみんなのあしぶみ響かせば
    楽しくなる 長い道も

    ひとりの人間は とても弱いけれど
    それでもみんながみんなが集まれば
    強くなれる 強くなれる

    これからもたくさんの光が届きますように…

    返信削除
  3. LEDはマイナスの人体への影響が非常に多いと、いろんなblogでありますが、遺伝子操作にも関わっているのでしょうか。記事で見たことあるのですが。
    LED以外が市場にあまりないのも事実です。

    返信削除
  4. 「おばあちゃんの知恵袋」という本がありますが、洪さんのブログは「生活の知恵袋」的な一面がありますね(笑)

    ほんとにお疲れ様です。

    返信削除
  5. 私もLEDについては害がある、というのを
    度々目にしていますし
    今後、電球もなくなり全てLEDにするという
    国の方針にもちょっと疑問を抱いてます。
    ご質問された方は霊的な観点から
    どう見ているのか洪さんにお尋ねになられたのでは?と思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます