2016年2月19日金曜日

作家や芸術家に精神的な病が多い原因は



Q、作家や芸術家に精神疾患が多いのは何か理由がありますか?


A、芸術家などに統合失調症やうつ病を発症する方が多いということですね

実際にも創造的な仕事をされている方には何らかの心の病にかかる人も多いのではないかと感じます

原因の一つには、作家や芸術家は感受性が高いということがあげられます

普通の人では何とも感じないことでも、彼らにとっては深刻に受けとめたり、喜怒哀楽の様々な感情をおこすわけですから、精神が疲弊してしまうことが多いでしょう

それと通じるものがありますが、芸術家は霊的に影響を受けやすい体質が多いという理由があります

創作活動をするためには、霊的な存在からインスピレーションを受けているはずですので、そうした霊的な感受性も高くないと出来ないでしょう

芸術作品には高次元の波動を感じさせるものもありますが、特に現代の美術や芸術作品には、地獄的な作品も多いように思います

そうした地獄的な作品もインスピレーションを受けているわけですが、当然、ネガティブな存在からの影響と言えるでしょう

そのようにネガティブな影響が長く続いていると、精神に変調をきたしてくることが多いと思います

だいたいそのような理由から精神的な病が作家や芸術家に多いのではないかと思われます

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 芸術家の立場から一言 投稿させて頂きます。

    私の周りにも精神的に問題を抱えている人たちが
    大勢おられます。
    しかしそれはアーティストに限った事ではありません。
    一般的な職業に就いている人も同じように精神を患っている人はおられます。
    表に出て来ないだけで、
    精神に問題を抱えている人々は実は世の中に沢山おられるのではないでしょうか?
    私は精神疾患は現代病だと感じています。

    知り合いのアーティストにもパニック障害を患っている人も居ますが、
    精神疾患と言うよりはむしろアスペルガー症候群的な気質なのではのではないか?
    と感じる人も居ます。
    とにかく色々なのです。

    作家や芸術家⇒精神疾患が多い
    と一くくりにしてしまうのもかなり乱暴な事のように思うのですが如何でしょうか?

    返信削除
    返信
    1. この質問に答える前に、念のために知らべており、研究結果によっては実際に作家などには一般の方より2割くらい精神疾患の方が多いというデータもありました

      一応確認してから書いております

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます