2016年1月22日金曜日

100年寒波と大雪の霊的な意味


寒波が日本中に迫っていて、寒さが厳しくなっています

大雪が降っている地域もあり、沖縄では週末にひょっとしたら雪が降るのではないかと予想する人もいるような状況です



大雪の降り積もる霊的な意味を考えるなら、天から白いものが降ってきて、地面をおおいますので、地上の浄化を意味していると思います

地表がいろいろな汚れとかチリで覆われているときに、雪が降って浄化・クリーニングをするという意味があるのでしょう

寒波の襲来は、やはり厳しい時期の到来を告げているように感じます

これから厳しい時が迫っているので、気を付けるように伝えてきているのでしょう

去年に予言していましたように、中国の経済的危機が現実となっており、日本にも影響が出てきています

株価が落ちておりますが、政府は消費税の増税をしようとしています

消費税増税を実行すれば、この中国経済の悪化の波だけでなく、さらに経済の足を引っ張ることとなるため、日本経済はそうとう厳しい状況に突入していきます

寒波はそうした状況を告げ知らせているのかもしれません

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. ターコイズの指輪2016年1月23日 7:43

    これも国民みんなが自ら選んだ道…受け入れるしかないのでしょうかね?

    返信削除
  2. ねるとなあじゅ2016年1月23日 16:47

    宜野湾市長選を直撃するような寒波ですね。
    沖縄でも雪が降るかもしれないとか。
    これも厳しい幕開けですか?

    返信削除
  3. 修造が日本にいなかったからではないんですね

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます