2015年12月26日土曜日

仏陀意識とキリスト意識の秘密


仏陀意識とキリスト意識についてアンケートで質問がありましたのでわかる範囲で書いてみます

地上に肉体を持って生まれられた存在としては仏陀意識は2500年前のインドの地で、仏教の開祖である、お釈迦さまとしてお生まれになっています

そして2000年前のユダヤの地にて、イエスとして誕生されたのがキリスト意識の一部です

キリスト意識は、十字架で示されるように、神と人との垂直の関係rと、人と人との横の関係がクロスする特徴があります

主を愛する垂直の思いと、隣人を愛する横の繋がりの思いが強いのですね

仏陀意識は慈悲の特徴が強く、人を導いたり、向上させる特徴があります

キリスト意識の愛が、隣同士の仲間の愛であるのに対して、仏陀意識の慈悲は、教師が生徒に持つような、あるいは親が子供を育む思いのような、違いがあるといえるでしょう

おもに、この二体の巨大意識体が地球を指導されています

キリスト意識の一部であるイエス様が、地上にあったときに、天の父と言っていたのが、実は仏陀意識であったといえます

初期キリスト教で異端とされたグノーシスでは、ヘルメス・トリスメギストスという存在を認識していたとおもいますが、この偉大なヘルメスという名前の存在が、西洋的に表れた仏陀意識であります

グノーシスでは、イエスの述べた天の父が、そうした仏陀意識であることを認識されていたようで、旧約聖書に出てくる創造の神とされる存在とは違うと知っていたようです

旧約に出てくる創造の神とされるものは一段劣った神だという主張をしたがゆへに、旧約側から弾圧されて滅ぼされてしまったというのが真相でしょう

こうした真実は、今までは弾圧されたり、滅ぼされてしまったために、秘密裏に一部の者の間だけで語り継がれてきた秘密なのですが、現在になり、ようやくと表立って伝えられるようになったものです

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. 驚くべき内容ですね!

    このようなことは、このブログでしか学べないのでは?と思います。

    仏陀のことは手塚治虫の漫画で読みましたが、漫画でも感動した記憶があります。

    以前にキリスト教の流れと思われる幾つかの新興宗教を覗いたことがありましたが、残念ながら心に響くようなお話などは聞けませんでした。

    キリストの教えも学んでみたくなりました。

    返信削除
  2. いつも勉強になる記事を掲載して下さりありがとうございます。

    とても新しい解釈と言いますか、
    あまりこういう視点で話をなさる方はいらっしゃらなかったように思います。

    でもとても納得の行くものでした。
    長年疑問に思っていたことが解決したような。
    心が洗われました。癒されもしました。

    もっと深く勉強したいと向学心も芽生えてきました。

    どうもありがとうございます。

    返信削除
  3. あらゆる宗教は本来、根本は一つなのだと示唆する霊視なり記事なり情報なりがスピ系ブログなどで目にすることが頻繁になってきたように感じます。
    イスラム国などの中東の混乱に対して何か今、天からの共通したメッセージが降りてきているタイミングなのかなと感じています。

    すべて我がことに置き換えて、目の前の人を大事にしたいと思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます