2015年12月20日日曜日

映画『スターウォーズ』と宇宙戦争の真実


最近、映画「スターウォーズ」のシリーズ最新作、エピソード7「フォースの覚醒」」が公開されました

今日は以前の記事を紹介しつつ、本当のスターウォーズについて書いてみます

スターウォーズが宇宙で実際に起こった事件を基にした作品ではないかということは以前に書きました

宇宙規模でも残念ながら星間戦争があります

それはおもに、他の星の資源や食料を得るために、侵略する戦争と、そうした侵略から星を守るための戦争があります

地球においてもやはり同じように、二つの立場での戦争があると思います

他国を侵略する戦争は悪いものと言われますが、逆に侵略から守るための戦いには、正当性があるものと言えます

宇宙でも、防衛力が弱くて、攻撃的な宇宙の侵略から自分たちで星を守れない者たちのために、助けに入る別な惑星の仲間たちが存在します

宇宙の防衛軍とも言える彼らの陰ながらの活躍のおかげで、この地球も悪しき宇宙人による侵略から現在は守られています

以下には以前のブログ記事を再掲載いたします



映画『スターウォーズ』は実際にあった!? ジョージ・ルーカスの前世

スターウォーズは現在までで六作も作られている人気SF映画です


辺境の惑星で奴隷の身分であった少年アナキン・スカイウォーカーの成長を描き、ジェダイの予言にある「フォースにバランスをもたらす者」と黙されていながら、後に彼が暗黒面へと落ちてダース・ベイダーとなります

その息子のルーク・スカイウォーカーはジェダイの騎士であるヨーダにフォースの使い方を学び、父とは知らずにベイダーと戦うこととなります

映画では銀河系の自由と正義の守護者ジェダイと銀河系の悪と恐怖の信奉者シスの攻防が描かれます

この映画は実際に宇宙で起こったことをもとに描かれているところがあるように思われます

おそらくベガ星とレプティリアンとのかつての宇宙戦争を反映しているところがあるようです

エピソードⅠで女王の星が出ていましたが、ベガにも女王が存在し、ジェダイの騎士の元となる賢者の集団がおります

そのジェダイの騎士団のようなベガの賢者集団が、宇宙の自由と正義とを守るために活動しています

宇宙にはレプティリアンと呼ばれるような凶暴な種族の宇宙人もいますので、そうしたものが他の惑星を侵略しないか見守る役目も果たしています

そうしたベガ星を中心とした宇宙での出来事が完全ではないですが、いくらか反映して出来た映画であると思います


またクローンと呼ばれる遺伝子コピーされた人造人間が出てきますが、宇宙には似たような人造生命体がいます

一般に宇宙人というと、頭がでかくて目がアーモンド形のグレイと呼ばれる宇宙人がおりますけど、それは宇宙人の操る人工生命体と言えるものです

スターウォーズのクローンのように大量に生産されて、危険作業などに従事させたりしています

作者のジョージ・ルーカス自身も宇宙からこられた魂で、おそらくベガの出身のかたなのでしょう

それで魂の記憶や、元の星の仲間からのインスピレーションを受けて、映画を作られたのでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

7 件のコメント:

  1. スティーブン・ホーキング博士はブラックホールの先には別の宇宙がある。と、おっしゃっていますが、様々な知的生命体がいたり、スターウォーズのような世界が繰り広げられているのは、まさにそのブラックホールの先の宇宙でのことなのでしょうか?それとも、まだはっきりとした生命体は確認できていませんが、人類がロケットや探査機で確認しているこの宇宙でのことなのでしょうか?

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. 「信楽焼のタヌキとハニワ」はちょっとアブナイかもしれませんよ。
    そんな宇宙人は聞いたことはないですね。

    狐やタヌキもある程度霊力があって、人を騙すことがあると聞いたことがあります。

    実際、中学時代の友人はコックリさんというものに凝って、憑依されておかしくなり、結局自殺してしまいました。

    霊的な世界も一歩間違えると命に関わることもあります。

    返信削除
  4. 紫香楽焼のタヌキとハニワじゃ絵にならないからスター・ウォーズの映画には出れそうにないですね。
    タヌキは化かすのが得意のようですから、遊ばれたのではないでしょうか?
    でも、楽しいコメントでした(笑)

    返信削除
  5. それは宇宙連合軍のことですね♪

    返信削除
  6. 私はウォーク・インされた経験がありますが、この記事を拝見してかつての恐怖の体験はレプティリアンのせいだったのかもしれないと思いました。

    母親から「あなたは命を狙われていたのよ」と言われたことがありましたが、その記憶はほとんどありませんでした。

    恐ろしい声は「両親を殺せ、今日がタイムリミットだ」「一族全員が餓死するのだ」などというものもあり、私に自殺するようにと促されたこともありました。
    首に縄のようなものが巻き付かれる感覚も何度かありました。

    やがては自殺願望も強くなり、家族にあてた遺書のようなものも書いたことがありました。
    そんなさ中に母親は突然亡くなりました。

    精神病院も何度か入退院を繰り返しましたが、その入院中でも恐怖の声は続いていました。
    食事も喉を通らず点滴での栄養補給でしたが、その注射の針もなかなか一度では入らず、何度も刺されてその苦しみも味わいました。

    今まであまり思い出すことのなかったことですが、洪さんのブログを通して、何体もの宇宙人からウォーク・インされたのだなということがわかりました。

    そして、宇宙の仲間たちが私を救ってくれたんだということもよくわかりました。

    返信削除
  7. 楽しみにしていたスターウォーズをわくわくしながら見に行きました。でも戦闘が始まった瞬間から怖くて震えてしまいました。シーンが終わると震えも収まりましたが後味が悪くなってしまいました。多分何かしら私の過去世に関係があるのか、自分の心の弱さが出てしまったのかな。
    ただただ憎しみや怒り恐れのない平和な世界を望みます。今年も多くの方々が傷つきました。来る年は少しでも皆様の抱えている闇が晴れ光が降り注ぐ年になりますように。ちっぽけなわたしですが祈ります。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます