2015年12月15日火曜日

運気を上げる図形・シンボルと下げるシンボル


以前に色について、運気と関係するのかの質問をいただいて、明るい色は良い影響を与えて、暗めの色はよくない影響が出る可能性のある事を述べました

色以外にも、図形やデザインにも、人への影響があるかを書いてみます
昔から人はざまざまなシンボルを用いてきました

宗教的には例えばキリスト教では十字架のシンボルを用いてきましたし、キリストを表す魚の図形なども用いられています

天皇家では菊の文様を用いられることがありますし、陰陽師では五芒星が用いられてきました

ちなみにこのブログでも五芒星を使っておりますが、それは星からの力といいますか、加護を得るためのシンボルでもあります

古来よりそうした図形がシンボルとして様々に用いられてきましたけど、何を意味していたでしょうか

実は、その図形やシンボルを通して、縁の法則によって、その図形に関連するものとの繋がりができるのです

クリスチャンは十字架をされることが多いですけど、それは霊的にもキリスト教系のエネルギーと繋がっているといえます

また逆に悪い縁を結ぶものとしては、五芒星を逆に描いた図形がありますけど、それは逆のエネルギーと繋がり、悪魔崇拝などで用いられています

ほかにも卍(まんじ)は仏教の寺院を表すシンボルとしても利用されてきましたけど、向きを逆にして傾けた逆さまんじはナチスドイツなどでも利用されてきました

そうした図形やシンボルを持ちることで、特定のエネルギーを引いたり、縁を結んだりするわけです

わたしも宇宙からの支援を得ようとするときには、五芒星を手で描きながら、エネルギーを引いてくるイメージをいたします

ですので、加護を得るための祈り文を紹介しましたが、唱える際に、五芒星などの図形を印刷しておくか、手で切って描いたりするとより効果が高まるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. ハーケンクロイツはもともと十字架の変化形で幸運の印だったことを考えると、象徴が歪められたと考えた方がいいかもしれないですね。
    元々は瑞祥の象徴なのに悲しいですね。

    返信削除
  2. こんばんは。

    五芒星は昔から好きな図形ですが、そのようにして活用するのですね!
    瞑想の際、早速取り入れます。
    でも、少し角度が違うだけで思わぬものとも繋がってしまい、注意も必要ですね。

    いつも貴重な記事をありがとうございます。

    返信削除
  3. 五芒星とは、霊的に表側のシリウスAの象徴、六芒星とは、霊的に裏側のシリウスBの象徴ですね。
    十字架とは、太陽信仰いわゆる サナンダ意識の象徴です。
    太陽の内部世界に十字架のモニュメントがあるのを視できますでしょうか。

    返信削除
  4. 六芒星の意味は何でしょうか。惹かれる友人は偶然にも六芒星を持っています。
    縁がある形には前世からの名残や、宇宙の法則がある気がします。

    返信削除
  5. 五芒星に関連して、カゴメのマークの六芒星のことをネットで見てみました。
    ちょっと恐ろしげなことが書かれてあり、ビックリでした。

    マークのちょっとした違いでも大きく意味合いが違ってくるのだということを認識しました。

    返信削除
  6. とても幼かった頃 五芒星がうまく描けなくて、描けた時の喜びを懐かしく思い出しました。子供の頃は何かにつけてよく描いたものです(笑)。こんなに深く尊い意味を持つシンボルだったとは…。今 手で切って描いてみましたが、なんだか心地よいものですね。嬉しいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます