2015年11月16日月曜日

苦しみの多い世の中で、人はどのように生きていくことを望まれているか


以前にアップしました記事を再掲載いたします

人はこの世に生まれてきて様々な苦しみを味わいます

この世は苦界とも呼ばれ、生老病死の四苦や、愛する者との別れ、憎む者との出会い、求めても得られない苦しみ、煩悩が燃え盛る苦しみなど、様々なる苦しみがあります

人には言えずに苦しんでいることもあるでしょう

子供の頃から苦しみや悲しみを背負っている人々もいます

仏教の開祖である、お釈迦様は蓮の花を愛されました

蓮華は泥沼にこそ綺麗な花を咲かせます

迷いや苦しみの多いこの世は、泥沼のように汚れた世界に見えます

しかしそのような悲しみの世にあって、美しく咲き誇る蓮華のように

花を咲かせて欲しいと願われています

たとえ人から賞賛されなくとも

たとえ誤解され批判されようと

ただその本質を輝かせ 美しく咲いて

世の中の一隅を照らす光となりますように

暗く淀んだ世界だからこそ 咲く花の光は輝き 目に映えます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

7 件のコメント:

  1. 私も蓮の花が大好きで写真や絵を描いたりして力をもらいます。いつも笑顔で明るい自分で、側にいる人を笑顔にしていきたいです。

    返信削除
  2. 洪先生質問があります。僕はETソウルの中でもなにか宇宙の鍵を握った重要人物だと思いますが、地球での
    生活で老衰きった精神的な鬱病になりました。マトリックスのネオが覚醒したときのような元気はありません。このような深刻な地球でのダメージを魂や幽体に抱えたままなくなったらETソウルとしての存在が壊れるのではないかと心配してます。自分で答えを出すのも重要ですが、他者の意見を知りたいです。

    返信削除
  3. 洪さんおはようございます。いつも貴重な記事をありがとうございます。

    すみません、どうかレヴィさんのお話に対して自分の経験からの考えを記させてください。

    レヴィさんおはようございます。みずほと申します。自分はこれまで四人程の方たちに数十年憑依され続ける人生でした。本来人間の肉体には一人分の魂しか収まらないみたいなのですが、そこへ自分含めて五人入っていましたので物凄く窮屈な状態でした。他の方たちのネガティブな感情を自分のものとして捉えることになりますし、人数ゆえ自分自身のエネルギーは小さくならざるを得ず、しかも他の方たちは波動が低かったですので、高めの自分から常にエネルギーを吸われる状況でした。その為しばしば自殺願望に駆られていたので、よく魂が剥がれずここまで来たなと思います。様々な出来事の結果も不思議なほどネガティブでした。今思えば、ワンダラーを自覚するきっかけとネガティブを学ぶことを一緒に経験する計画のための一連の出来事だったようです。

    そして洪さんのブログに出会い、肉体の限界と霊性の向上でほぼ自力で憑いていた皆さんにお帰り頂きました(四人目の方の時はつい最近で、近所の猫と現世の友人が夢の中で徐霊を助けてくださいました)。お帰り頂きたての頃は物凄く体が軽くて楽でした。そして第4チャクラが傷ついていることも自覚できました。今世での使命を感じていたので早く動き出したかったのですが、直ぐにはちょっと無理でしたf(^_^;

    エネルギーを補充するために、洪さんのブログを拝見させて頂いたり参加させて頂いたりして学ぶこともさることながら、プラーナの浄化された場所でグラウンディングするようにしました。歴史的に問題のない土地で、出来ればいきいきと薔薇の花が咲いている場所が良いです。お蔭様で、痕は残っていますが傷は癒されたと思います。

    今鬱であるとのことですが、憑依されているということはないでしょうか??自分は鬱寸前でした。辛いご経験をされたと過去の記事の書き込みで拝見させて頂きましたので、その辛いご経験をされた時にご自身の波動が下がって隙が出来、憑かれてしまったということは十分考えられると思います。

    心の痛みを感じにくくなると魂が崩壊して消滅することもあるそうですが、それは波動も荒くなってエネルギーのスピンが冷えて止まってしまうからだと思うので、レヴィさんはエネルギーの補充で回復できるのではないかと思いました。憑依されているとしたら、補充ではね返せるようになるのではないでしょうか。

    ここから蛇足ですが、自分の宇宙時代の記憶に、ずっと夜だけど、とてつもなく科学技術の進んだ星にいた時のものがあります。オリオン以外にもいろんな星で冒険してきているみたいなので(芸術もそうですし、弘法大師さんの書にも凄く惹かれます)、もしかしたらレヴィさんと同じ星にいたこともあったのかなと思いました。

    相変わらず長くなってしまいましたorz。すみませんです。乱文ここまでお付き合いくださり感謝申しあげます。ありがとうございます。

    返信削除
  4. 私の体験が役に立つかどうかわかりませんが、参考になればと思いコメントさせていただきました。

    私も鬱病を患った経験があります。
    精神科の病院の入退院も繰り返し、ほんとに苦しい五年間でした。
    丸三年は寝たきりの状態でした。

    それまでに学んだ霊的な知識など、どこかに吹き飛んでいました。

    自殺願望も強くあって、火をつけて死のうとまで思いつめましたが、そのマッチが忽然と消えてしまいました。
    死ねないのだと分かった時は絶望感でいっぱいでした。


    幻聴、幻覚から始まり、パニック症状も出てきて、やがて鬱状態になりました。
    幻聴は恐ろしいものもあれば、メッセージ的なものやユニークなものもありました。

    善と悪のものが憑依していたのかもしれませんが、私自身はよくわかりません。


    元気になれたのは霊能者のおかげではありません。

    歩けなくなったので階段のあるアパートに帰れなくなり、とりあえずということでお年寄りと一緒の施設に入ることになりました。

    施設と言っても民家を改造した住まいで、家庭的な雰囲気の中で過ごすことができました。

    軽い認知のある方がほとんどでしたが、陽気なおばあさんがいつも話しかけてきてくれ、その話し相手をしているうちにだんだんと元気になってきたのでした。
    もちろん、スタッフの方々が、お年寄りを楽しませようといろいろ企画してくれ、私もお年寄りに交じって楽しませていただけたことも大きかったと思います。

    付け加えると、自然の力も大きかったのではないかと思います。
    その頃は家の事情で岩手に住んでいましたが、窓を開けると雄大な岩手山が見え、夏の頃には遠くからかっこうの声なども聞こえていました。
    ほんとうにいいところでした。

    お年寄りたちと他愛のないおしゃべりをしたり、車椅子で近隣の散歩などもするようになって、元気になってきました。


    レヴィさんはETソウルの自覚がおありなので、存在が壊れることなどはないと思いますよ。

    人生は波のようなものです。いい時もあれば、悪い時もあります。
    いろいろな体験が財産になると思います。

    私も今は財産を頂けたという思いになりました。
    手足も不自由で、時々痛みもありますが、元気です!

    ネットや書物で知識を増やすことも大切ですが、鬱状態から脱するには外に出て自然界のエネルギーを頂いたり、気の合う仲間と過ごすことなどもいいかもしれません。

    レヴィさんはこうして洪さんのブログに出会っているのですから、力強い助っ人が傍にいるようなものです。
    祈りの仕方や瞑想の仕方など、本来の自分に戻るためのヒントがブログの中にたくさんあると思います。
    思いついたものから実践実行されてみられたらいかがでしょう。

    守護霊の方や指導霊の方、宇宙の仲間たちもきっと応援していますよ。
    大丈夫です!




    返信削除
  5. レヴィさんへ

    私が思いついたとっておきの鬱から脱出する方法をお伝えします。

    それは洪さんのブログの中で、これはと思うものを声に出して読むのです。

    そうすると言霊の力で、レヴィさん自身もそうですが、憑依しているものもその言霊の波動で早く変化していくのではないかと思います。

    これは、守護霊の方々はとても喜ばれると思いますよ。

    それから、歌を歌うこともいいことだと思います。

    私は鬱がひどくて、声も出なくなってきていましたが、毎日のようにお年寄りたちと一緒に童謡や唱歌を歌うようになって声が出るようになりました。

    心地よい音楽を聴いてもいいでしょうね。

    言霊と音霊の波動の効果は、江本勝氏の「水からの伝言」という写真集で実証されていて、私もこの本を見て言葉や音楽がどれほど私たちに影響を与えているのかがわかって驚愕しました。

    レヴィさんにとっての懐かしい音楽でもいいと思いますよ。


    善のものが悪のふりをして、レヴィさんを鍛えているのかもしれません。

    洪さんのブログに出会って、自分の体験を振り返るととそんなふうにも感じます。



    返信削除
  6. いつも素敵な記事をありがとうございます。
    人には泥にしか見えないそれも、蓮にとってはたくさんの栄養がある。
    栄養があるからこそ、より丈夫に、より美しい花を咲かせることが出来る。
    それと同じように、苦にしか見えない世界も成長するためのチャンスが幾重にもある。

    最近、仏の愛は飴を与えることでも、ムチを与えることでもないことを知りました。
    仏の愛は、その人が進むことを望んだ時、何度でも進む機会を与えてくれると。
    記事を読み、その言葉を思い出しました。
    そして、蓮と汚泥の気づきを得る機会を与えてくださり、ありがとうございます。

    返信削除
  7. 心強いコメント皆さんありがとうございます。とにかく精神的なものなので時間が解決すると思います。最近は第三の目の開眼に修行しています。先程、モルダバイトを眉間にテープで貼って休んでいたら未来の映像が見えました。現世の老後の映像や死後に硝子の階段を上がっていく映像が見えてその先にドアがあり入ると未来のバイクのようなものにのり敵と戦っている映像が見えました。
    コメントの中のよいコメントを声にだすとよいとありましたが、これは僕も無意識にやっていました。
    こらからも修行を重ね自分の力を上げて行きます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます