2015年11月3日火曜日

憑依とアルコール依存症やギャンブル依存症への対処


アンケートで質問のありましたアルコール依存症とギャンブル依存症について書いてみます

アルコールを飲むと人が変わるという方がいらっしゃるかと思います

急に泣き出したり暴れる人もいますね

憑依が原因といえますが、お酒を飲むと霊がかかってくることもありますし、普段憑いている霊が、お酒を飲んで理性が落ちてくると、表に出てきだすようです

そうした方を見ると、目つきが違って来たり、顔つきも変わってくるのがわかります

酷い場合になると、ぶつぶつと見えない誰かと話していたします

それは独り言のようにみえますが、低級霊と会話していることがあるのですね

霊がかかってきているかどうかは、顔つきの変化で、特に目つきに変化が見られると、何かが来ている場合があるでしょう

またギャンブル依存症の方の質問でも、代々そうしたギャンブルに依存する方が多い場合など、憑依されて飲み込まれていることがあるでしょう

そうした霊的な原因による依存症の時には、祈りによる回復を願う方法もあります

以前に祈り文を紹介しましたので、そちらを参考にされたら様ですが、なるべく複数の方で回復の祈りをされるのが効果的でしょう

もちろんそうした依存症を克服されるための団体や病院などに相談されてみるのがよいので、それにプラスして祈りをされるのがよいです

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

7 件のコメント:

  1. 洪様いつもありがとうございます。ギャンブル依存症の質問をした者です。

    洪様の祈りの言葉、紙に書いて毎日唱えます。オーストラリアに住んでいるので主人は日本人ではなく、息子も日本語はあまり出来ないので祈りの言葉は無理ですが、私一人でやるしかありませんが、頑張ります。本当はこの際、洪様にもうギャンブルはやりません…と誓いたいのですが正直なところ自信がありません。
    必要な時にいつも質問に答えて頂いて本当にありがとうございます。
    ギャンブルをやめるのは、もちろん自分と家族のためですが、この質問にせっかく答えてくださった洪様の気持ちに対しても本気で頑張ります。本当に本当にありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 経験者からのちょっとしたアドバイスをさせてください。
      私は昔よくパチンコをしていましたが、ここ数年勝ちにくい仕様になったのでほとんど行かなくなりました。
      おそらく4円だけでなく1円や0.5円からの少額で遊べるようになったこと、ギミックが派手になり一機種辺りの購入金額が高くなり、よりお客からお金を回収しなければならなくなったからだと思います。
      行く人が減ればパチンコ屋は無くなります。パチンコ依存症の人が増えないためにも一人でも行く人が減ればいいなと思います。
      すぐに止めるのは無理だと思います。今はネットでも遊べます。お金は少しかかりますが、40分の1程の値段で遊べるので、
      そちらをお勧めします。

      削除
  2. 再び失礼します。祈りの言葉と言うのは、プレデアスから加護を得るための祈りの文でよろしいのでしょうか?

    返信削除
  3. よく、アル中で暴力を振るって手がつけられないなど聞きますが、口をそろえて皆いうことがシラフの時は、すごく優しくいい人だそうです。そして、気が小さい人だとも。。
    周りの方が協力して克服させたとか、もう家族の縁を切ったとか、その方の徳の違いなのかなぁと、その環境を聞くと切なくなります。

    気をしっかり持つことは大切ですね

    返信削除
  4. 又ごめんなさい。プレデアスではなく、病気を癒す祈りの方ですね?

    返信削除
  5. 依存症も病ですので「病気を癒す祈り」でよいですよ

    返信削除
  6. 亡くなった私の父親がアルコール依存症でした。

    温厚だった父親が年をとってからアルコールに依存するようになりましたが、酷いときは暴力をふるい、出てくる言葉は威圧的なものばかりでした。

    「神の言うことが聞けぬのか!」みたいな言葉もあり、あきらかに憑依されていることが分かりました。

    どのようにしたらこれを祓うことが出来るのか、、 ほんとうにすがるような思いでした。

    父親が買ったたくさんの本の中で、恐ろしげなタイトルのものは内緒で処分しましたし、お祓いなどもしてもらいました。

    年数が経つにつれて暴力的なことはなくなり、アルコールも全く飲まなくなりましたが、私が病を患い同居して気付いたことですが、夜中に父親が誰かと大声で喧嘩をするような寝言を言うのを何度か聞いたことがありました。
    実家でありながら、家にいること自体が恐ろしかったです。

    そんな父親も、母が亡くなって別人のようになって、口数も少なくなりました。

    ほんとに長く苦しい日々でした。


    でも今回の猫ちゃんの写真を眺めていると、そんな出来事もも笑い飛ばせるくらいに、浄化されてしまったような気持ちになりました。

    洪さんはもちろんのこと、写真を演出してくださった方、モデルになってしまった猫ちゃんにも感謝いたします。

    ありがとうございました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます