2015年10月15日木曜日

UFO学園の秘密・映画を観てきました



今日は「UFO学園の秘密」というアニメ映画を観てきました

すこしネタばれになってしまいますので知りたくない方は、以下の記事の閲覧に注意願います

粗筋としては、全寮制の学校で、急に勉強が出来るようになってきたけど、精神的に不安定となった女学生がいて、その姉と仲間の学生たちがその原因を探求します

じつはその原因は悪質な宇宙人であるレプティリアンによるもので、主人公たちは善良な宇宙人の力を借りながら対抗していくと言うものです

アメリカのハリウッド映画やテレビドラマなどでは、宇宙人情報がリークされた作品があって、宇宙人情報について進んでいる面がありました

このブログでも以前に『V』や『フォースカインド』、『アバター』、『スターウォーズ』などのアメリカ映画を取り上げたことがあります

他にも『E.T』や『未知との遭遇』など、実在の宇宙人情報を基にしたと思われる作品が幾つもあります

それに対して、日本では宇宙物はありますが、架空の物語でしか無いものがほとんどの状況でした

今回のUFO学園の秘密は、宇宙人情報をあつめて作られた日本では珍しい作品だと思います

宗教映画なのですが、普通の宗教映画にありがちな、教祖をモデルにした人物が現れて、その人を礼賛するようなものは無く、モデルと思しき人物は登場せず、一般の方にも抵抗なく観れる作品に仕上がっていると思います

作品の主題として、様々な宇宙人が地球に訪れ、そして人間として生まれ変わり、魂の向上を目指して地球で生まれ変わっているという内容は、このブログに通じるものだと思います

ですのでこのブログの受け入れられる方には抵抗無く見れるのではないでしょうか

作品自体の出来栄えとして個人的に批評するならば、裏宇宙や霊界や善玉のレプティリアンなど、いろんな設定を入れ込みすぎてしまっているため、後半はすこしストーリーが飛んでしまい、ついていけない人もいるかもと感じます

ここら辺はスパッと切ってしまったほうがストーリーとしてスッキリするかなって思います

あとキャラクターがメインの人物だけで学生仲間の六人くらい登場するのですが、キャラクターの個性があまり立てられていなかったかなと感じます

私的には人物を減らして、それぞれの出身星を別と設定して、星ごとの個性を出したほうが良かったかなと思いました

この映画の特徴として、様々な種類の宇宙人が登場することがあげられます

そしてアメリカや中国の背後には、悪質なエイリアンが潜んでいることを暴露しています

一般公開される映画でそうした情報が公開されるのは凄いことだなと感じます

多くの方が宇宙人情報に目覚めるきっかけになるといいですね

宇宙人情報が多くの方に知れ渡ることによって、人々の意識の変革と、善良な宇宙人との交流にプラスとなり、悪質な宇宙人の活動を押さえられる事となると思います

一般の方に宇宙人情報を広める意義のある作品ですのでオススメの映画です

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 私も観ました。
    ベガの場面での出来事なのですが、姿の見えない存在が目の前に居るをリアルに感じました。あれはなんだったのでしょう?
    洪さんは何か感じましたか?

    返信削除
  2. すごくバランスの取れた見方をするんですね。今まで酷評しか見たこと無かったんで、恐れ入りました。詰め込み過ぎというのと登場人物を絞るべきというのは私も同意見です。M.I.B.5回分位な情報量かなと思います。欲張りすぎたのがストーリーが「絶望的にこんがらがってる」と米国紙に評される結果に繋がったと思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます