2015年10月9日金曜日

地球はすでにアセンションして闇側の勢力は去った!? 凶悪な犯罪について



ある情報によると、地球はすでにアセンションしていて、地球にいた闇側の勢力は去ったという話があるそうです

信じるひとは少ないかもしれませんが、いちおうこの件については忠告しておくべきと思えたので書いてみます



闇側の勢力が去っていったのかどうかは、ある事象を見れば容易に判断がつくと思います

世の中に殺人などの凶悪犯罪や、自殺などの不幸な事態が起きますが、そうした出来事が無くなっているかを見たらわかるでしょう

凶悪犯罪や自殺などの背景には、闇側の存在があります

アンケートでも、凶悪な犯罪者は生まれての育った環境や教育によるのか質問がありましたが、環境いがいに、いわゆる悪霊と呼ばれる闇の存在の憑依があります

もちろん犯罪をおこす当人の心境がネガティブなものを引き寄せて憑依となっているのですが、より凶暴な犯行へと駆り立てる原因として、悪霊の憑依があります

凶悪な犯罪者の中には、人を殺せという声が聞こえたなどと証言する者もおりますが、実際に強度の憑依を受けて、悪霊の囁きを聞いていると言えます

自殺者の場合も、憑依しているものが、自殺するように囁きかけていることがあるのです

もしも地球から闇の存在がいなくなったのなら、そうした凶悪犯罪や自殺は、大きく減っていくことでしょう

ですが現在の世相を見る限り、そうしたことは起こっておらず、いまだに悲しい事件は続いています

ではなぜ、闇の勢力は去ったという情報があるかというと、闇側にとっては自らの存在に気づかれなくなるのがよいからです

闇側がいないとなれば、チャネラーなどに下ろされるメッセージも、闇の者からではないと思い込ませられます

つまり闇側の勢力は地球を去ったという情報は、実はそれ自体が闇側からの偽チャネリング情報です

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

8 件のコメント:

  1. どう考えてもこの世の中に闇の勢力はガッツリ存在してますね。闇が去ったと言うガセを鵜呑みにして安心してしまうようでは、真実に目を背けて誤魔化し誤魔化しその時々を生きているようなものでしょう。真実ら現実から目をそむけないで、もっと精神を強くしなければいけないと思います。

    返信削除
  2. ねるとなあじゅ2015年10月10日 20:24

    こんばんわ。
    さくやさんや、アシュタールの「平和ボケの何が悪いの?。楽しいことをして波動を上げれば、闇が入り込めない。」ってのも、闇側なの?。

    三次元では、とてもじゃないけど、侵略者は友達、友好、文化交流で近づいてくる。

    さくやさんやアシュタールの話は、私には判断つかない。闇側とも思えないんだけど。快楽ではなく、心がワクワクすることで、闇に取り込まれないのわ分かるけど。国家としてそれでは国民を護れない。

    返信削除
  3. 過去の関連記事の「アセンションの症状と危険性」を読んで、当てはまることも多くあり、衝撃的な内容でした。

    ちょうど一年ほど前にあるホテルのロビーで、人待ちをされていたご高齢のご婦人と雑談していて、スピリチャルな話題となったことがありました。

    もう80才を越したというそのご婦人は、「もう地球はアセンションしたから、人間がそれについていかないといけない」というような内容のことを言われていてとても驚きました。

    お名前をお聞きしたのでネットで調べてみたら、インドで学ばれて、人々の意識を変えるために全国各地で講演をされていた方でした。

    アセンションのことについてはまだよく分かりませんが、関連の記事を読んで、どのような形であれ、謙虚な気持ちで霊性を高めていくことが大切なのだということを学ばせて頂きました。

    返信削除
  4. アセンション自体が闇側のイベントではないでしょうか?

    返信削除
  5. アセンション自体が闇側のイベントではないでしょうか?

    返信削除
  6. 悪魔はいない、煉獄、地獄はない、死んで無に帰す、よって死後の世界は無い等・・・に等しい表現話だと思います。
    闇が去ったというアセンション話、洪さんのおっしゃる通り胡散臭いです。
    寧ろ時間の流れは世界をも巻き込み、悪い方向へ流れていると感じています。
    それに人間は等しく努力してこそ、初めての成果だと思えるのです。
    ワクワクや平和ボケもいいですが、全てには必ず等価の責任が生ずるということを、知らなくてはいけないものだと思います。
    物質中心の世界では、ただ単に平和の観念だけでは生きて行けない。
    それに見合った最大限の実質的な、汗を流す努力も大切だと思うのです。
    今の日本は、日本を取り巻く他国の軍事力の脅威に晒されています。観念だけでは国を護れないものだと私も思います。
    相手があってこそ、初めて成り立つことばかりの世界に於いて
    観念の自己満足は、それこそが平和ボケの妄想に過ぎないものだと思えるのです。

    巷に溢れているアセンション話にしてもそうですが、流されずしっかり物事を見据えて
    本質を見極めて行くことが大切なんだと思います。

    返信削除
  7. いいこと・悪いこと、をキチンと「自分の中で」感じること。
    外側の概念に惑わされないこと。
    「自分に軸を作る」と申しますか。
    男性であれば、「守るべきものを見極める」ことと同意と考えます。

    返信削除
  8. 「侵略者は、友達、友好、文化交流で近づいてくる」「 闇側からの偽チャネリング情報」「 いいこと、悪いことをキチンと自分の中で感じること」…肝に命じます。ありがとうございます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます