2015年10月6日火曜日

生霊=念がもたらす災い



アンケートにも質問がありましたので人の念について書いてみます

生きている人の念が飛んできて、調子が悪くなったり、急に嫌なことが続いたりすることがあります
いわゆる生霊と呼ばれるものですね

女性であれば美人であったり、男性では成功者や異性によく持てるなど、人から嫉妬される立場にあると、人からの念で影響を受けることが多いでしょう

ですので人から羨ましいと思われる方には同時に念を受けやすいので、内情は厳しい状況にあったり、将来的になることが多くあります

一般の方でも、人から恨まれたり、羨ましがられたりすると、念が来たりしますので、まったく無縁の方というのもいないでしょう

私のほうある方からの念が来たことがありますが、はじくというか、念を返すようにすると、返された方の体調が崩れたり、不幸が起こったりします

人に対してネガティブな念を持つと、それはいずれ自らに帰ってきてしまうため、持たないようにしましょう

また、よく電化製品などが故障してしまうという質問もありましたが、人によって、乱暴に扱っているわけでもないのに、電化製品が壊れる人がいます
これには、ご自身が持っている念が強くて、電灯や機械類などの電化製品を壊してしまう場合があります

念が強い人の場合は、とくに攻撃的な念や、ストレスが溜まっているときなどに、破壊的な念が出て、機械類を壊してしまうことがあります

それ以外に、身体に電気を帯電させやすい体質の方がいるようです

そうした方が家電製品の近くにいると、勝手に電源が入ったりとか、ボーリュームが動いたり、誤作動を起こすことがあります

こうした方の場合でも、感情の起伏で、悲しみや怒りなどのネガティブな思いが湧いてきたときに特に異常が見られたりします

人の思い=念は様々な作用をもたらします

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. 今年の私が、まさに念が来てると言わざるをえないほど、おかしな状況になっていました。というか、現在進行形でもありますが。保育園のママさん達や新しいパート(2カ所掛け持ち)の全ての場所で言われなき中傷の標的にあい、とても居心地の悪い状態でした。今は徐々にですが、解消しつつありますが、周りとのコミュニケーションを怠っていたことも、こうなってしまった原因の一つではないかな?と切実に感じました。本当にトホホです(-。-;

    返信削除
  2. こんばんは。いつも拝読しております。
    私も嫉妬されやすく、電化製品が
    ほんとによく壊れます。
    いろいろ考えて得た結論は
    人と深く接しないのが
    一番害が少ないと感じてます。
    とても寂しいですが
    仕方ないと諦めてます。

    返信削除
  3. いつもありがとうございます。
    人からの念の悪影響を受けないようにするにはまずは何を心がければ良いのか教えていただけますか。また、自分がネガティブな思いを持たないように心がけていれば人からの悪い念を跳ね返すことができるでしょうか…。

    返信削除
  4. はじめまして。いつも素晴らしい記事をありがとうございます。毎日、更新を楽しみにしています。とても勉強になります。

    今日の記事を読ませていただき、更に詳しくお伺いしたく、コメントを投稿させていただきました。

    念が飛んできたときに跳ね返すには、具体的にはどのようにしたらよいのでしょうか?

    というのも、私の娘はとある芸術スポーツをしているのですが、その世界は嫉妬の渦巻く世界のようでして・・・。
    霊的に鋭い感性のない私でも、嫌な念が飛ばされてるのではないかと思ってしまったりすることが多いのです。

    自分なりに根拠もなく、娘の衣装を鏡のように反射するキラキラがついたものにすれば、嫌な念が跳ね返されるのではないかと思い、工夫してきましたが、
    大切な大会で、何もないところでなぜか脚をくじいたりしてしまいます。

    娘は、幼い頃は前世の記憶らしきものを語ったりと、わりと霊的に敏感なところがある子供だと思うのですが、それも関係しているのでしょうか?

    他者から飛ばされる嫌な念に左右されることなく競技ができるように、何か対策がございましたら、どうか教えていただきたいと思いまして、コメント欄に投稿させていただきました。

    返信削除
  5. まさに、絶妙のタイミングでのブログです!

    私は元々リウマチの痛みもあるのですが、一月くらい前から、時々異常な激しい痛みに襲われるようになりました。


    私は半年くらい前からある施設に入居していますが、他の入居者や職員の話から施設の不正がだんだん明らかになってきたのです。

    現在いろいろな方に相談しながら不正を表に出そうとしているところですが、施設側もそれを感じ取ってきたようで、ある入居者に「何か企んでいるだろう」と言ってきました。


    私の激痛みが同じようなタイミングで起こることが多く、霊的なものだろうとは思っていましたが、今日のブログで「生霊」の仕業だったのだと気付きました。

    私自身はなるべく平常心を保つように音楽を聴いたり、本を読んだり、外出して気分転換を心掛けてはいましたが、正直に言うと精神的な苦痛も何度も味わったので、「弱者を商売道具のようにしている!」と許せない気持ちの方が強くありました。


    今は転居先も決まり、不正も表に出す段取りも出来て安心感も出てきました。


    睡眠不足も続きましたが、夕べは「こんな時期に洪さんのブログと出会えてよかったなぁ」としみじみ思ったところでした。

    このブログが支えとなって、勇気も出てきました。

    神様のお計らいと洪さんに感謝いたします。
    いつもありがとうございます。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます