2015年10月3日土曜日

前世のトラウマと恐怖症


以前に載せました記事を再アップします

人はいろいろなものに恐怖を抱きます



水恐怖症や、先端恐怖症、高所恐怖症、炎、煙、人の目線、離別の恐怖、結婚や妊娠、出産に恐怖感を抱く人もいます

こうした恐怖感は、子供の頃のトラウマが原因となる場合もありますが、いろんな方を拝見して、その原因が前世にあることが多くあるように感じました

水難事故で亡くなられた前世をもつ方は、水に恐怖心を抱いていることがありますし、高所から落ちて亡くなられた前世の方は、やはり高いところがとても怖く感じます

戦争などで亡くなられた方は、敵国の軍旗をみたら脅えるということもありますし、刀や槍などで亡くなられた方は、先端恐怖症になったりします

それ以外に変わった所でいえば、伝染病で前世亡くなられたお子さんが、すごい潔癖症で、食器などをなんども綺麗に磨かなければ食事が取れないとかありました

あるいは、魔女狩りなどで迫害されて経験を持つものは、自分を表現するのを抑えたり、人目を気にしすぎる傾向が出たりします

退行催眠などで、恐怖の元となった前世を知ることで、恐怖感が緩和することもあります

今世だけでは原因不明の思いの傾向性は、じつは前世から引き継いでいることがあるのです


※ 恐怖症(きょうふしょう)とは特定のある一つのものに対して、他人には不可解な理由から、心理学的、および生理学的に異常な反応を起こす症状。英語ではフォビア (phobia) と呼ばれる

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. こんばんは。いつも興味深く読ませていただいています。

    恐怖症…私は車の運転がとても怖いです。
    若い頃歩いていて左折してきた車に接触されたことがあります。私が歩いているのにブレーキをかける気配がなく、ここまではひかれる!と思い急いで渡り切りました。幸い左股関節に軽く擦ったくらいでしたが、トラウマが消えません。歩いていても助手席に乗っていても左の脇道に車がいると怖いのです。
    しかし自分で運転するようになれば克服できるのではないかと?思い免許を取りましたが
    運転席に座ってエンジンをかけただけて心臓がドキドキして手が震えるのです。何度か頑張って乗ってみましたが(*_*)でしたね。
    ガソリンの臭いも苦手なんですよね。車は便利だけれど危ないのでやめました。
    あと、魔女刈りの話が出ていましたが私はその点も当てはまります。自分がこの地に属さないよそ者ワンダラーだから、なるべく目立たないようにしようとか、本当の自分を見せたくないのでシャットアウトしていますね。
    しかし同類の人は分かるのでそんな人に出会った時はペラペラ話しかけてしまいます。

    聞いてくださってありがとうございました。

    返信削除
  2. こんにちは
    いつも楽しく拝見させていただいています
    だいぶ前に浅田真央さんの前世の記事で、彼女の宇宙時代が、蝶に似た生命体だったというのを拝見しました。それをずっと覚えていたのですが、つい最近行われた彼女の復帰戦で、彼女が蝶のついた衣装で「蝶々夫人」を演技されていたのでびっくりしました
    偶然なのか、前世の影響かはわかりませんが、とても不思議でした

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます