2015年9月6日日曜日

思い込みの台本に支配されてしまうこと



ひとは様々な思い込みや思い癖とも言える考え方の傾向性を持っています

その中で特に人の人生を大きく左右するドラマの筋書きのような思い込みを、仮に「思い込みの台本」と勝手に命名してみます

この思い込みの台本にはどのようなものがあるかというと、例えば「自分はいつも失敗ばかりして人に叱られている」というものがあったとします

すると、そうした思い込みの台本を頭の中に持っていると、実際にそのような出来事が起こってしまうことが多くなります

一度何かの失敗で叱られた経験をして、それが深く心に刻まれてしまって、似たような状況が出てきたら、また叱られるのではないかと思い出し、実際に失敗してしまうことがあります

引き寄せの法則などでも、思ったことが現実として引き寄せられると言われますが、本人が気づかずに、そうした思い込みの台本をインプットされていて、引き寄せてしまうことがあるのです

また私も経験したことがあるのですが、念を受けやすいタイプですと、上司などが失敗しないだろうかと思って見られていると、実際に失敗してしまうことがあります

これは相手の人が失敗しないかという思いを発しているため、その思いを念として受けて、実際に失敗をすることがあるのです

逆によく出来ると思われて信頼されていると、良い成績を出すことが多いです

このような周囲の思い込みの台本の通りに動いてしまうことも人にはあります

その人がどのような思い込みの台本をもっているかで、現実も影響されてきます

怒りっぽい人の中には、周りの人がいつも迷惑をかけてくるとか失敗して手間をかけさせるなどと、思い込みを持っていることが多いでしょう

そうした思い込みの台本を持っているが故に、かえって周りの人はその思いに影響されて、深いな行動を無意識に取ってしまっていることがあるのです

それゆえ、怒りっぽい人の周りには、怒りたくなるような出来事が引き寄せられて起こる場合があります

・・・今日はこれくらいにして、また続きはいつか書きます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 「思い込みの台本」素晴らしいネーミングです。
    思い当たることが次々と脳裏をかすめました。今回も大いなる学び、ありがたいです。

    返信削除
  2. 私は怒る事が多い様に思いますが、全くその通りだと思います。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます