2015年9月19日土曜日

安保法案の成立と天変地異


安保法案が参議院でも可決され成立しました

今日は安保法案の成立と天変地異について書いてみます

ここ最近は、大雨・豪雨による河川の氾濫や、火山の噴火、地震と、そして津波の到着と、まるで天変地異が集中して押し寄せるように発生していました

これらは安保と関係していたように思われます

自然現象を通して、日本の神々がご意思を示されようとしていたのではないかと感じられます

そして集団的自衛権を含む安保法案が成立してから、今日は天気が快晴となっています

昨日のテレビで映ったデモの風景を見ていると、雨が降っていたのをみましたが、成立すると快晴になったということは、そこに天意が込められているのでしょう

日本の神々からすれば、外国からの威圧や侵略を許すようなことは望まず、日本が自立してあることを望んでいると言えるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

13 件のコメント:

  1. これにより、中国などが日本との戦争を起こす事を回避できたという事ですか?
    それとも戦争に巻き込まれた時に、被害が最小限になるという事ですか?

    政治の世界の判断は、操作された嘘の情報をしか得られない私達一般市民にはとても難しい世界です。
    ちなみに古今東西、政治家の人達は昔から皆、お抱えの霊能者がいるというのは有名なお話しですね。

    返信削除
  2. 私もそんなふうに感じていました。。日本の神様が喜んでいるような気がしました。

    返信削除
  3. こんばんは。


    今日はよく晴れて、本当に素敵な日でしたね。夕日の輝く空が美しくて、この地に降り立って心から良かったなと感じます。

    安保法案も、9月19日に成立した、というところにも意味が隠されているのでしょう。数字にご意志を感じます。

    ネットで散見しましたが、法案に反対されている方たちは皆本当に日本国籍をお持ちなのか、疑問の湧くところがありました。

    それと、安保法案のすったもんだの影で、中国の尖閣諸島への領海侵入があったそうです。

    また沖縄でも、いくつかの市町村長の方たちが戦力配備に動き始めているともどこかで拝見しました。

    日本には地球のエネルギーのお臍があるためか、神様のご意志が比較的伝わりやすいのかなと思います。それゆえの現在の独立と戦後復興の凄まじさなのではないでしょうか。

    日本周辺の国々にも光に向うよう祈るばかりです。そして、高次の高波動の神様の存在に気がつく方たちが増えますようにお祈りしています。

    いつも洪さんの記事と情熱に感謝です。ありがとうございます。くれぐれもご自愛ください。

    返信削除
  4. 無事に安保法案の成立、良かったと思います。明らかに予想される不幸から日本を守ることが今の政治の務めだと思うのですが、いかにして国を守るかということは全くはずして、憲法違反だとか戦争反対だとか…。どうしてそんなトンチンカンで短絡な見方で多くの国民を惑わすのか、国防は阻止したいだけの野党を見るにも聞くにもイヤケがさしてきたところです。本当に秋晴れの清々しい一日でしたね。

    返信削除
  5. YUMIKO2015年9月20日 1:06

    安保法案が成立し安堵いたしました。昨日はデモの報道ばかりでうんざりしており、それを見た人がデモの方に肩持ちこじれるのではと心配でした、ほんとよかったです。   今日はやっと快晴で稲刈りもできました。しばらく天気がよいです、ほんと成立と同時に快晴になるなんて、神も喜んでおられるんですね。自然災害と神の意思を教えていただき勉強になります。

    返信削除
  6. 自分は賛成派でした。
    直観的に。この法案によって戦争がおこる未来は一ミリも見えませんでした。
    そして反対派には闇を感じました。
    神の意思と同じだということに嬉しく思います。

    返信削除
  7. ねるとなあじゅ2015年9月20日 16:09

    でもまだ反対派な諦めないそうです。瀬戸内寂聴が若い世代に期待していると焚き付けていました。

    返信削除
  8. 無事に可決されて安心しました。
    この法案は、アメリカが日本と組むことを決断し
    日本に法整備を求めてきたものと理解しています。

    アメリカで、G2、日本ナッシングと言われ始め
    尖閣が日米安保に含まれるのか
    防空識別圏を認めるかなど、
    アメリカが親中の民主党な事もあって
    日本と中国を天秤にかけて
    ずっとフラフラしていましたが、
    このまま中国が力をつけると
    アジアからアメリカが追い出されかねない事に
    やっと気がついたみたいですね。
    ここまで、ほんとに長かったです…
    (アメリカはすぐ手のひらを返すので
     まだまだ油断はできませんが)

    TPP は現代版ブロック経済で中国包囲網、
    安保法案は日米の軍事同盟であり
    不都合な面が多々ありながらも
    隣国に中国、ロシアと覇権主義の軍事大国を持つ日本にとって、
    現時点では、どちらも必要だと感じています。

    因果はめぐるとは言いますが
    日本は第二次世界大戦の時の真逆の立場にいると
    思います。

    かつて経済の負け組同士で同盟を組まざるを得ず、
    軍事に突破口を求めた日本とドイツ。
    ロシアと一緒に孤立しつつある
    今の中国が重なります。
    追い詰められ暴発するかもしれない中国に対して
    先に同じような立場を経験した日本に何かできるか、
    中国とどう付き合って行くのがベストなのか…
    これからも状況の推移を見守って行きたいと思っています。

    返信削除
  9. おっしゃる通りですね。
    マスコミもグルになり、公共の報道機関で国民に対し
    恣意的な印象操作で不安を煽り、この法案が悪法であるデマを垂れ流しています。
    少数派を民意、総意であると・・・
    怪しい世論調査の結果でさえ、連日垂れ流している有り様です。
    この法案が採決されたとて、中国は姿勢を変えないでしょう。
    韓国も反日を止めないでしょうし、そう簡単には抑止力には
    繋がらないのだろうとは思っています。
    しかし少なくとも、日本の姿勢を世界に示したことに
    意味があるのではないでしょうか。
    晴天が神意であれば、それに勝る喜びはないものです。

    返信削除
  10. 辻元清美のような赤軍派シンパが政治家になり、デカイ顔でTVに出ているのを見ると、世の無常を感じます。

    返信削除
  11. 民主党政権になったときも台風が関東に上陸しましたし、日本の動きと自然は関係していると感じます。

    返信削除
  12. 安保法制で揉めている時、阿蘇山が噴火したり地震があったりしたため、逆に朝日新聞をはじめそちらの方をトップに載せなければならず、安保に対する偏向記事による世論操作に全力を注ぎ切れなかったので、安倍首相にとって災い転じて福となす結果になったとう見方もあります。そうすると、神々はわれわれの思いもよらぬやり方で助けたのかも知れません。けっこう感動!

    返信削除
  13. TPP合意に関しての意見を聞きたいです

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます