2015年9月14日月曜日

阿蘇山噴火の意味


今日の9時50分頃に九州の阿蘇山にて噴火がおこりまいた

以前に火山の活動が活発化すると警告してより、実際に全国で箱根や桜島、そして硫黄島と口永良部島などの噴火が実際に頻発しています

そして昨日も記事に書きましたように、豪雨による災害のも見舞われ、関東でも地震が連続して起こりました

これもまた予定されている大災害の前兆としてのおこりではないかと感じられます

残念ながら警告として受け止めるものも少なく、聞く耳を持たぬ者のほうが多いでしょうから、徐々に危機は高まってきていると思います

気になる点としては、この噴火の起こった直後に、沖縄の翁長知事が辺野古埋め立て承認の取り消しをする会見を開きました

こうした動きとも関係しているように思われます

知事が変わるたびに承認したり取り消したりでは政治は進んでいきません

地方分権と言われていますが、それが行政の停滞を生んでしまう結果となっています

日米安保や基地に反対ならそれでいいのですが、対案として安全を守るための政策を別に持たなければなりません

たとえばアメリカの軍を除く代わりに、それに匹敵するような防衛力を自国で増強していくなどの案を出さなければならないでしょう

あるいはアメリカの変わりに中国軍を受け入れるというなら、それを公約にして選挙を戦わねばインチキでしょう

自ら対案を出して国民や県民に問うべきです

タイミング的には無関係に思われず、このような行政上の誤りが噴火の一因になっているように思われます

もうひとつは国政で安保法案が議論されていますが、こうした安全上の防衛に関する議論をしているときに、様々な危機が降りかかっているということは、国民の危機意識を目覚めよっという意思が働いているのを感じざるを得ません

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. YUMIKO2015年9月14日 21:38

    阿蘇での噴火のせいか、今日は地震雲?のような筋雲、飛行機雲のような感じです、が沢山出ており心配になりました。

    返信削除
  2. こんばんは

    >これもまた予定されている大災害の前兆としてのおこりではないかと感じられます

    まだ序盤なんですか… (ノ_-;)ハア…

    返信削除
  3. 頻発する災害の多くが、民主党政権時代の問題に起因しているんですね。
    「米軍に頼らないなら、自国の防衛力を高めなければならない」、その通りだと思います。
    災害が起きた時は、自衛隊の方々が各地で救助に当たっています。
    安保法案と同様に、自衛隊や国家の防衛面に予算をかけるなら、戦争に直結するという理由で反対する声も上がるのでしょうね。

    返信削除
  4. ねるとなあじゅ2015年9月15日 9:10

    天災まで戦争法を強行する安倍の所為にするマスメディアは、如何ともしがたい。
    外国の軍隊に居座られるのも問題だけど、日本は日本人が護るってだけで、右翼扱いされる。

    鬼怒川の知事もサヨクみたいだし、無責任で対策を怠り、責任も取らない。
    共産主義が強い自治体は気をつけた法がいいかも。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます