2015年8月23日日曜日

中国でまた爆発事故が発生し化学物質が撒き散らされたか



先日は中国の天津にて化学工場の爆発があったと記事に書きましたが、昨日は山東省の化学工場でまたも爆発事故が起こったとニュースがありました

以前の天津爆発でも化学物質の流出があったとされていますが、今回も何らかの物質が大気中に散乱したのではないかと言われています

このように連続して爆発事故の起こった背景には何があるでしょうか

テロではないかという噂もありますが、習近平と対立関係のある江沢民派によって引き起こされたとも言われます

中国では権力争いが続いていて、習近平は江沢民派を潰そうとしているのですが、それに反抗して何らかの事件が起こるのではないかと言われていた矢先に天津での爆発が起こっています

天津の事件のあとに江沢民とその子などが軟禁されたとの情報もあります

今回の山東省における爆発事故も、中国内部での権力闘争による事かも知れません

中国は経済の崩壊も進んでいて、今回の事故が内部分裂を生み出すのか、それともいっそうの弾圧を生み出すのか目を離せません

北朝鮮と韓国も一触即発の状況にありますので、いま東アジアの情勢は急激に雲行きが怪しくなってきています

日本もそろそろ目を開けて周囲の出来事を見なければならないでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 日本のマスコミでは取り上げていないようですが、8月16日には、青島で天然ガス施設が大爆発を起こしています。こんなに立て続けだと、やはりテロの可能性が高いかもしれないです。

    返信削除
  2. 中国も、朝鮮半島も緊迫していますね。
    権力闘争のために起きた爆発だとすれば、毎回有毒物質が撒き散らされるのは、国民も近隣諸国も大迷惑です。
    中国の抱える闇はとても根深いものなのですね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます