2015年8月20日木曜日

北朝鮮軍が韓国側に砲撃、韓国軍も応射


北朝鮮が20日、韓国の拡声器に向け砲撃し、韓国軍もこれに応じて数十発を撃ったとニュースが流れました

韓国はここ数日、北朝鮮を批判する放送を拡声器で流し続けていた。

この放送に反発して北朝鮮が威嚇してきたものと思われます

さらに北朝鮮は放送を二日以内にとめなければ、さならる軍事行動をとると主張しています

北朝鮮と韓国も緊張が高まってきています

これにはアメリカが韓国を支援していますので北朝鮮は用意に踏み込め無いと言う抑止力となっています

もしもアメリカが韓国から撤退することがあれば、韓国は北朝鮮によって侵略されて飲み込まれる可能性もあります

それは戦闘を行わなくても、北が核兵器で脅して、韓国の指導者が屈すると言う事態があります

アメリカについて批判も多くありますが、そのように抑止力として働いていて、地域の安定に貢献しているところがあります

それは日本も一緒で、日米安保があるから日本は核保有国に脅されて国家運営しなければならない事態から解放されています

もしも日本に米軍がおらず、日本のトップが鳩山氏などの精神性の人であったなら、中国や北朝鮮などに脅されれば、安易に白旗を上げて、軍門に下ることもありえるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます