2015年8月2日日曜日

キャサリン妃の前世 イギリス王室ウィリアム王子の配偶者


イギリス王室のキャサリン妃についてアンケートで質問がありましたので書いてみたいとおもいます

ウィリアム王子と結婚されて、最近でも長女のシャーロットちゃんの出産でも話題となりました



今世では一般のご家庭に生まれ、現代のシンデレラとして人気があり、多くの人から好かれています


この方を拝見すると前世でもヨーロッパの方で、王妃をされていたように思います

王様の寵愛を受けるために、ライバルとの競争もありますし、また王妃となられてからも、新しく出てくるものを押さえるなどの戦いがあります

そうした競争を生き抜いてこられた方なのでしょう

この方は念の強い方で、目標を得るために全神経を集中し、成功を得ると言う能力に優れていますが、それも念の強さの現われだと言えます

ヨーロッパで言えば魔女のお仲間さんかなあっという感じを受けます

魔女と言うのは念でいろんなことをできたりするので、念の強い人にはそうした魔法世界のようなところと繋がっている場合があります

ただし、魔女と言っても、白魔術や黒魔術に別れていて、よいものも悪いものも存在いたします

すべてが悪いと言うわけではないのですね

黒魔術には人を呪っておとしめるものもありますが、白魔術には人を癒したりする者もおります

イギリスと言えばハリーポッタなど魔法の世界の話がありますけど、そうした魔法界とのつながりも強い地域なのでしょう

そうしたところで出てこられたのだと思います

前半生はシンデレラストーリーとして、人々に憧れる生き方をされてきましたが、今後はどのような思いを描いて生きられるのかが注目されます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. やはりそうなんですね。

    私は霊感は鈍い方だと思いますが、キャサリン妃を見る度に黒っぽいイメージがあり(特に目の辺り)、関連記事は見ない様になりました。

    民衆の幸せを願うダイアナ妃とは違ったタイプの、出世欲の旺盛な方がお妃になるとは、ウイリアム王子の人生も極端ですね

    返信削除
    返信
    1. 今後の生き方に注目ですね
      よい方向に進まれるのを願います

      削除
  2. キャサリン妃は念の強い方なのですね。目力もあり、気の強そうな女性という印象を持っていました。王室は特別な世界なので、彼女のような強い精神力を持った方でなければ、務まらないのだろうとも思います。

    返信削除
    返信
    1. イギリスの王室にはそうした系統の方が多かったのかも知れませんね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます