2015年8月15日土曜日

桜島大噴火の恐れの霊的意味



桜島にて大規模な噴火が起こる可能性が高まったとして、噴火警戒レベル4に引き上げたとのニュースが流れました

今日はこの件について霊的な意味を述べてみます

先日は硫黄島が噴火して、その霊的な意味を述べたところでした

硫黄島は第二次大戦において日米の激戦が行われた地域であり、その亡くなられた英霊たちからのメッセージが含まれている旨を書きました

さらにその前には口永良部島で噴火があり、こちらも第二次大戦で沖縄へと向かった戦艦大和の沈没した地域の付近にあたります

このように第二次大戦の英霊たちからの意志が働いているのではないかと感じられる噴火が続いていました

そして70回目の終戦記念日を迎える今日という日に、桜島が噴火の兆候を示したのです

噴火と言うのは霊的には怒りを意味しています

今回の桜島の噴火の兆候にしても、日本の神々と、英霊たちとの怒りが現れたものと思います

先日は鳩山氏の土下座謝罪がありましたし、昨日は安倍首相の70年談話がありました

談話についてはアンケートをいただいており、現在のところ評価する方が多いようですが、英霊たちや日本の神々からすれば、怒りのもととなるものであったのだと思います

残念ながら神々の日本国民への厳しい思いは蓄積されてきておりますので、大規模な災いが迫ってきつつあるのではないかと感じられます

先日も関東地区での震災の可能性を書きましたが、全国的に災いの訪れる可能性のある地域はほかにもあると思われます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

32 件のコメント:

  1. 霊的な夢を見ました。まあ象徴的なものではありますが。。。それによると、今回の安倍談話を霊的な目で見ると「汚物」のように見えるとのことでした。要するに自己保身の思いによって穢れているのだと思います。私には偉そうな能力こそありませんが、安倍談話を拝聴した限りでは、安倍談話と村山談話とは、本質的には変わりないように見受けられますし、むしろ、「戦争を悪と認識し始めた国際社会において、日本が新たな挑戦者となった」との文言は、一人日本のみが侵略戦争に邁進したと言っているのに等しいと、私には感じられました。こうした安倍首相の自己保身が穢れとなっているような気が、私にはしています。

    返信削除
    返信
    1. そうかもしれませんね
      霊的には穢れているのかもしれません

      削除
  2. え!そうなのですか、よく知りもせずに良く評価してしまっておりました。大変申し訳ありません。平和を願う気持ちでした。
    この安部談話は「計算」的なもの?なのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 様様なところに配慮してつくられた、つぎはぎだらけのものになったかもしれません

      削除
  3. こんばんは、鹿児島在住の者です。
    桜島、少し前までは 一日に2~3回噴火があったりと
    毎日活発な活動をしていたんですが、
    ここ最近は噴火もない静かな状態が続いていたので
    「桜島、元気ないなぁ」なんて思っていた矢先、この警戒レベル引き上げです。
    大きな災害に繋がらなければ良いのですが。。

    返信削除
    返信
    1. まだ警戒が続いていますね
      大きな噴火に通じるかも知れません

      削除
  4. こんばんは。


    先日の談話は、一部の国やマスコミ等を除いて、多くの国が評価をしている印象があります。それでも英霊や神々の皆様のお怒りを買うというのは、一見解りにくく感じます。

    侵略やお詫び等の言葉を妥協して盛り込んでしまったからでしょうか。

    そもそも第二次世界大戦自体、日本からではなく、連合国に仕掛けられたものという見方もありますね。ある神社の境内で、そういった内容の貼り紙を拝見したことがあります。そして、やり込められ、敗戦したと。思い当たるとすれば、その辺りでしょうか。

    だとしたら、日本にではなく、先勝国に災害が降りかかるのでは??とも思ってしまいますが、そこはやはり日本人の手で勝ち取らないといけない、ということでしょうか(@~@;)??

    また、昭和天皇の手記に当時の軍部の暴走が記されてあったとも記憶しますが、その辺りも神様たちのお怒りの理由として理解しにくいです。

    道のりは険しいですが、今回の談話はダメダメでも少しは前進したと評価したいです。

    よく解らないので、良かったらご教授くださると幸いです。

    戦力を持つよう警鐘の意味での噴火でしたら納得できます。

    いつも長くてごめんなさい。色々考えが巡ります。

    返信削除
    返信
    1. わたしもよくわからないですが、日本の神々のなかにはお怒りになられている方がいらっしゃるのは感じられます
      天皇陛下の反省の言葉なども関係しているかもしれませんね

      削除
  5. 安保法案を理解して貰うために等の気持ちを談話に含めてしまったからなのでしょうか?安保が良くても悪くても、多くの犠牲は政治に利用されてしまう事になりますよね。

    返信削除
    返信
    1. 詳しくはわからないですが、談話だけの問題ではないかもしれません

      削除
  6. やはり、日本の神様や英霊達は怒っているのですね。私も戦後70年談話に期待していて、今度こそは前向きな力強い談話になるかもしれない、そうなってほしい!と思っていたのて、とてもとてもがっかりしました。それと同時に諦めの思いも出て、なんだかやる気がガクッと下がってしまいました。安部総理は8月15日の靖国参拝もみおくりましたね。

    返信削除
    返信
    1. いままでの談話とそうかわらなかったような印象はうけますね

      削除
  7. こちらのブログは、宇宙のことなど、私にはわからないことも書いてありますが、政治に関しては非常に的を得たことを記されていると思います。

    スピリチュアル系の多くの方々が、特にマスコミの反日行為を咎めるどころか、同調して安倍政権を批判していることに失望していました。

    エントリーとは若干異なるのですが書かせてください。

    反日の人々、特にマスコミにおいて偏向報道や捏造報道をしている方々、この方たちのしていることは、国や英霊たちの名誉を大いに傷つけ、日本という国を破壊へと誘く行為だと霊界からは見られています。

    これは、とてつもなく重大な罪に当たり、
    死後、もしかすると、殺人などよりもはるかに重い罰が科せられるかもしれません。

    神や英霊に唾を吐く行為がどれほど罰当りなのか、わからないんでしょうか。

    そして、その罰は死後あの世で受けるものだけでなく、転生の段階でも科せられるかもしれません。
    もしかすると数回の来世において罰せられるかもしれませんし、
    罪を犯した本人だけでなく、周囲の者にも罰が及ぶかもしれません。

    従軍慰安婦などは、左翼の人間がいくら騒いでも、あの世での判断が「そんなものはなかった、おまえは英霊の名誉を著しく傷つけた」というものなら、とんでもない罰を受けますよ。
    神さまや英霊の立場になって考えれば、すぐわかりそうなものですが。

    返信削除
    返信
    1. 知らないということは怖いことですね
      自分たちが何をしているかわからないまま、活動家しているひとがおおいです

      削除
  8. 個人的に、あの談話で、
    とりあえずの自己保身も含めての、無難な内容で済ます以外で、
    どういう内容が適切であったのか、分からないです。

    安部さんの談話を批判する人は、

    もっと詳しく謝罪しろ的な反日タイプと、
    謝罪事態しなくていいのにという親日タイプと、
    様々な最近の問題の流れもあり、内容の無難さを批判するタイプの人と、
    iいろいろいらっしゃるように思いますが。

    まずマスコミは、親日故の批判的な意見もあることを流さないですよね。
    すべての批判を、安部氏を引きづり落とすような方向へ向かわせたいような
    誘導した報道に思えてなりません。

    返信削除
    返信
    1. マスコミでは流れないですね
      日本をよくするためにはどうしてもマスコミ改革が必要だと思います

      削除
  9. 何度もコメント失礼します。1番目のコメントをした者です。恐らくはこういう事だろうと思います。誤解を恐れずに言うならば、日本の神々は戦争を悪だとは思っていないはずです。と、いいますのも、霊的世界から見れば3次元世界は仮の世界です。この地上に住む人間が最高の価値と思っているこの世の命ですが、本来の霊的世界から見れば、この世の命よりもはるかに大切な価値があります。魂が穢れることが、霊的世界では一番忌み嫌わることだと思われます。ここが、地上世界の人々には中々合点がいかない事なのだと思います。神々の世界から見れば、地上に生まれた人間の多くが死後「地獄」と呼ばれる世界に帰ってしまうような世界は不浄の世界であり、「お立てなおし」をしたくなります。なんとか、心素直で清らかな人々が多く住む世界へと作り替えたいと望んでいると思われます。だから、そういう意味のお立てなおしの一環であれば、戦争やむなし。。。そう考えている人格神が数多くおられるはずですね。古事記や日本書紀を読むと、神々の歴史は戦いの歴史ですから。 私は思うんですが、大東亜戦争以前の世界は白人の植民地世界だったと言って過言ではありません。そうした白人世界を霊的な目で見た時に、虐げられた有色人種の人々の心にも恨みや憎しみが、そして白人世界にも有色人種蔑視による人を人とも思わない奴隷扱いの地獄世界が、展開されていたのではないでしょうか?そうした世界を見て、日本の神々は、この地上を不浄の世界と見て、人種差別のない民族自決の世界を作る決断をなされたのではないか?と、私は思うのです。だから、今では評判の悪い八紘一宇ですが、元々は、肌の色によって人間の価値は決まらない。人間の価値はその魂の高潔さにある、ということをスローガンに掲げて戦ったのではないかと思います。スマップのメンバーが特攻隊員だったというリーディングがありますが、戦争の時代に生まれていた人々も、現代には沢山生まれ変わっておられるはず。そうした視点を持てば、良い国を作るために命を懸ける。。。という意味も見えてくると思います。安倍談話は日本の先人に「原罪」ともいえる罪をかぶせました。神々がお立てなおしをしようとした意図を理解せず、先人を悪人と自ら糾弾してしまったことに穢れがあると言えるのではないでしょうか?私はそのように思います

    返信削除
    返信
    1. 古事記や日本書紀をよむとわかるように、神々は戦で従わぬものを征伐したりしています
      単に優しいだけではなく、時には厳しく導くのが日本の神様なのですが、それがわからない方もスピリチュアルには多いようです

      削除
  10. 安保法案を理解して貰うために等の気持ちを談話に含めてしまったからなのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. どうでしょう
      翌日の天皇陛下の反省の言葉も関係しているかもしれません

      削除
  11. 8月11日に川内原発が再稼動し、最近UFOが周辺地域で繁茂に目撃されているそうですが、原発と噴火の関連もあるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 関係無いと思います
      原発が関係するなら、硫黄島や口永良部島の噴火に何が通じるかもあったでしょうか
      何故終戦記念日に警戒レベルの引き上げがなされたのでしょうか

      削除
  12. 英霊の皆様がお怒りなのだとしたら、
    若い方々の自分が戦争に行きたくないと言う
    平和とは関係ない動機のデモ等が
    原因のひとつではないかと思ったりします。

    今を生きる私達からは理解できる心理ですが
    英霊の皆様からすると
    自分達は実際にその立場に立たされ、
    責任を全うしたのに…と不快感を感じても
    仕方がないと思います。

    戦争を生き残った人達も
    日本の復興は生き残った自分たちの義務であると
    頑張ってくれました。

    今は権利ばかりを主張する人が増え
    個人主義や人権を間違った方向に
    理解している人が増えたような気がします。

    英霊の方々も若い人に戦争に行けと
    言っているのではないと思いますので、
    今の自分の生活が日本という共同体あってのものと
    再認識したうえで
    皆が幸せになる方法を考え続ける事が
    大事ではないかと思います。

    でも、政治や外交って相手がある事だから
    常に状況が変わるんですよね。
    考え続け、手を打ち続ける。
    恋愛の駆け引きと似てるな~と思います。

    政治は、そこまで興味がない人には
    追いかけきれないと思うので
    マスコミがうまくまとめて伝えてくれたらいいのですが、
    テレビは逆にそういう人を狙って
    なんだか変な方向に誘導されてるような気が…

    返信削除
    返信
    1. いくつかの思いが積み重なってお怒りになられていると思いますね
      マスコミが実は影で日本を動かしていて、ミスリードを続けているようです

      削除
  13. 日本の神々はすべてを御覧になっていたため、真実の歴史をわかっている。
    多くの日本人はアメリカ、中国、韓国が捏造した嘘の歴史を信じている。
    (だから安倍談話は評価する人達が多い。読解力のない人達は河野・村山談話と同じだと理解出来ず批判的。後、捏造された歴史を信じていない人達も逆の意味で批判的)
    いったいどうすれば日本国民が洗脳から解けるのでしょうか?
    いったいどうすれば神々の御心が日本国民に届くのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 揺さぶりが何度かおこらないと、変わっていけないのかもしれませんね

      削除
  14. 神々というものは怒りや裁きを下すものなのでしょうか。無償の愛を与えつづけているものではないのでしょうか。よくわかりませんが...
    もし安倍首相在任中に大災害が起これば、安倍政権が危うくなり、それに代わって民主党政権時代を思い出させるような内閣が誕生しないとも言えません。
    神々は、さらに政局が悪化するのを承知で怒りを爆発されるのでしょうか。


    返信削除
    返信
    1. 古事記や日本書紀を読んでいただければわかるように、日本の神々のなかには、大和武命や神武天皇のように、従わぬものを征伐していく神々もおられます

      削除
  15. こんにちは。再び書き込みさせて頂きます。長くてごめんなさい。

    日本の神様たちのお気持ちをご説明してくださった方、自分に対しても含まれていると思いますので、僭越ながら感謝申しあげます。ありがとうございます。詳しくご説明くださったお蔭でよく理解できました。

    一度靖国神社を参拝しようと鳥居の前まで足を運んだことがありますが、悲しくて気分が優れなくなり、引き返してしまいました。戦った英霊の方たちはやはり凄く疲弊されたのだと思います。少なからず波動も落とされたと思います。

    嘘が罷り通ると悔しいですが、立証する材料も力もなければ、悪貨は良貨を駆逐することにもなってしまうと思います。そして、もしそうなったとしても、悔しい気持ちに飲まれないよう努めなければ良貨も悪貨になりうる気がします。

    うまくまとまらなくてごめんなさい。安倍談話は村山談話と文脈はあまり変わらないと思いますが、「謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と明記されたところは前向きに感じられました。苦肉の策のように思えます。それに、既に出ちゃってるものはどうするの??とも思います。

    それと気になったのが、今回の談話に賛成されている多数の方たちも、いずれ日本の御霊になるはずで、日本の方向性も将来霊的に変化する気がします。

    最後に蛇足ですが、特攻をsuicide attackとしか訳せないのがなんとも言えないですね。英霊を英霊以上に形容する言葉が解らないです。人はいつか亡くなって、それがたまたま戦地であり、悟って赴かれた英霊の皆さんが遺された手記のなんと高潔で温かいことか。他国の方には自国のことと置き換えて捉えてみて頂きたいですね。

    英霊の皆さんも神々の皆さんも、怒りの感情が祓えるように祈念します。全てを包括して光に近づけますように。

    返信削除
    返信
    1. 大戦で亡くなられた方のなかには、いまだに浄化されていない方もいらっしゃるでしょうが、そうした方々の浄化を妨げているのが、彼らをまるで犯罪者であったように思う日本の人々の思いがあるでしょうね
      はやく浄化されていただきたいと思います

      削除
  16. トタン山遊園地2015年8月17日 21:24

    こんばんは 失礼します
    またまた分からないなりに自分で考えた事に過ぎないのですが

    ★ある意味、如何なる背景が有ろうとも、満州などへの【統治を超えての植民地化『魂胆も』ゼロ%全く無かった】とは、断言しようにも、ムリがある案件の様に思います。
    『それ自体が良くない未来を創り出して行ったであろう』とは、欧米と違って少なくとも日本がするのですから、限りませんし、今よりも良くなっていた可能性が高い場合もあったかも知れませんが。

    ★そして、先の大戦で、食料自給率が今よりも更に悪かったのならまだ分かりますが、日本が実質的に戦争の口火を切っている以上は、そして負けた以上は、
    『先の大戦では、正義を【勝ち取るため】だった』などとは、安倍さんも書けないのでは、と思いましたが、

    ☆(領土やモノやモノゴトの獲得という陳腐さをいい加減に手放して )
    『この国の、国らしさを、日本人らしさを』(各国の、その国らしさを)『吊るし文化にアグラをかかず、私たち各々での、自分らしさでの創造を放って』
    勝ち取っていけ。

    ☆日本も、地球上に間接的にも、何らかでの沢山仕掛けている社会でもあって、それを承知で生まれて来てもいるのだから、
    その部分でも、徴兵制が無いのを当たり前だと、アグラをかくな。

    というようなスタンスのニュアンスの部分がなかった。

    という様にも思ったのですが・・・談話とあまり噛み合っていないような。難しいですね。

    返信削除
  17. トタン山遊園地2015年8月18日 16:47

    洪さん いつもありがとうございます

    すみません、言葉足らずなどでの修正をしました【】
    よろしくお願い致します。

    ーーーー
    ーーーー

    それを承知で生まれて来てもいるのだから、
    その部分でも、徴兵制が無いのを当たり前【にして、そこにアグラをかかぬこと。

    次に転生して来る人たちの場としての、その日本のコトまではしらぬ・・・・とアグラをかかぬよう。( ←これは談話の内容でもありますが。) 】

    読みなおすと徴兵制度を肯定しているニュアンスでしたので、
    そうではなくて、その国の国民になると知ってて結果的にも自分が選択して生まれた責任上は、徴兵制の絶対否定などは、できない図式を自らが選択して居る。というだけの事です。

    本来基本的にであって、それでも、拒否するかどうかは個人の志しに委ねられるべく、強制ではないのでしょうけれど。

    徴兵制度などよりも、あくまでも専業従事希望での自衛隊員さんと、民間の、専業の棲み分け形態が、その国の深みのある文化の創造繁栄には欠かせない様に思います。
    いやむしろ、自衛隊員さんゆえ率先された任務の一環としての、週1日ぐらいは、様々に特化した文化創造的な勤務が課せられて居られる、
    その様な日本を率先して愛でる余地こそ、日本の、日本人らしさを勝ち取られるべく図式とも言えるのかも知れないとおもいました。自衛隊員さんの男女希望者も増えると思います。(何らかで既にあったら、なんなのですが)
    話がまったくそれていってしまいました・・・・

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます