2015年7月18日土曜日

美輪明宏さん前世



美輪明宏さんについて今日は書いてみます

美輪さんは日本のシンガーソングライターで俳優、タレントをされている中、テレビ番組「オーラの泉」でスピリチュアリストとしても有名です

美輪明宏さんがジブリの熱風のインタビューで『安倍首相も自民党に投票した人もまず自分が戦地に行きなさい』という発言をされていたそうです

スピリチュアリストとして信望者も多い方ですから、発言に影響力の大きな方でしょう

霊的な知識を普及される一翼を担われた方ですので、問題点があっても黙っていたかったのですが、色々と問題が大きいと思いますので、今回は取り上げることとしました

まず彼の前世についてなのですが、ご自身は天草四郎の生まれ変わりと述べています

これについてはその通りであろうと思います

島原の乱で若いながらカリスマ性があって中心的な指導者となっています

美輪さんの性質として愛の気持ちは強くて、それが弱いものや虐げられたものへの愛情をもたれています

ですので前世ではキリシタンや貧しい農民への愛情がもとにありましたし、今世でも生的なマイノリティーとして生きて、同じような方々の迫害を跳ね除ける役割をしたのだと思います

このように光の性質をもたれた方で、偽預言者とは思いませんが、その人が光の使者であってもどのような考えを持っているか違いがあって、それによって従ったものの運命が分かれてきます

前世においても天草四郎にしたがっていった者達は、殲滅されてしまっています

他の前世においても似たような経験があるように思います

このようにハーメルンの笛吹き男のように、従っていった者ともども滅びてしまうようなところをお持ちです

ですのでこうした部分についても考慮して、もし今世の彼の言われるように導かれていったなら、今度は日本人全体が滅びてしまうことも知らなくてはならないでしょう

もちろん信じて付いて行かれる方は皆殺しにあわれても本望かと思いますが、日本全体となると、無関係な子供たちなども運命を共にされてしまうため、注意されなくてはいけません

ですので、光の使者であっても、その考え方によって、したがって行く者の運命は変わっていくことを知るべきでしょう

ご本人がよかれと思ってついていかれるのはよいのですが、日本の国そのものを従えて行くと、関係ないその他の人々も苦しめる結果となることを知らなくてはなりません

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

36 件のコメント:

  1. 最近ネガティブな記事が多いですね。
    「自分は正しい」という傲慢さが目につきます。
    悪気はありません、悪しからず。

    返信削除
  2. とてもタイムリーな話題をありがとうございます。
    私は以前から美輪さんにはとても興味がありました。
    ・・・というのは、私は美輪さんにはコンサートを通して、以前思わぬ所での感謝がある者なのです。でも信奉者という訳ではありません。

    別の霊能者の方が彼を霊視した所、或る前世では国王か貴族のお抱え占い師で、黒魔術的な事をしていた時もあると言う方もいました。
    その時の犠牲者の方々へのカルマから、過酷な人生の試練を受けたとも言われていますし、又彼自身は天草四郎の時に巻き添えにしてしまった仲間を、この人生では救うという事でカルマを返していらっしゃるともお聞きました。

    返信削除
    返信
    1. 追伸ですが・・・。
      美輪さんの若い時の写真から受ける美しいけれど"険"の強いイメージと、現在の彼から受けるイメージは、まるで別人の様に感じられます。

      彼も一人の人間として魂を磨く修行され続けているからこその変化だと思います。
      私は「人間は変わるもの」という視野を失いたくはありません。

      確かに変わらぬ「個性」というものはありますが、その方の行う行為が「過去がそうだったから、又同じ事の繰り返しに過ぎなくなる」というなら、私達はこの世で修業する意味はどこにあるのでしょう?とも思います。

      削除
  3. 取り上げてほしいテーマで記入していましたら、文字数が足りなくなってしまったので、こちらで記入させてください。

    出口王仁三郎氏の『続・瑞能神歌』で「北から攻め入る非道さよ」と表現されてあり、『日月神示』でも 「北から来るぞ。神は気もない時から知らせておくから、よくこの神示、心にしめておれよ。」と共通の表現があるようです。

    以下『日月神示』での記載:-------------------------------------------------------------------
    世界一度にキの国(日本)にかかりて来るから、一時は潰れたように、もうかなわんと言うところまでになるから、神はこの世におらんと臣民申すところまで、むごいことになるから、外国が勝ちたように見える時が来たら、神の世近付いたのぞ。

      メリカ(アメリカ)もキリス(イギリス)は更なり、ドイツもイタリーもオロシア(ロシア)も、外国はみな一つになりて神の国に攻め寄せて来るから、その覚悟で用意しておけよ。

      世界中総がかりで攻めてくるのざから、一度はあるにあられんことになるのぞ。大将ざからとて油断は出来ん。富士の山動くまではどんなこともこらえねばならんぞ。上辛いぞ。どんなことあっても死に急ぐでないぞ。
    -----------------------------------------------------------------------------------------

    と、このような事を見つけたのですが、出口王仁三郎氏はご存じかとは思いますが、かなり的中率の高い予言者で長崎、広島のことや日清・日露・第二次世界大戦の結果まで細かく予言を的中させてきたようです。

    上記の抜粋内容のような未来が起こるのは、いつごろになるのでしょうか。突然、北から攻めてくると書いているようですし、最近アメリカはJade Helmという一般市民には何目的なのかわからないような軍事演習をかなり大規模に行っているようですが、それは関係あるのでしょうか?

    このことに関して、もしお分かりでしたら、よろしくお願いします。

    返信削除
  4. YUMIKO2015年7月19日 1:10

    オーラの泉よく見てました。美輪さんがそんな発言を!!知名度高いですから怖いですね。前世では島原の乱、今世では小さい頃の戦争体験を話されているのを見たことがあります。美輪さんは、戦争という言葉にとても感情的になられているきがします。洪さんほど、感情的にならず冷静に世界を見渡せる人はいないと思います。

    返信削除
  5. 全然傲慢じゃないしむしろ客観的で謙虚です。
    なるほどたしかについていった人皆と滅びゆくカルマみたいなものがあるんですね。
    理想が素晴らしくても生き残れなかったら真実も正義も消されてしまう。

    返信削除
  6. 美輪さんは舞台やコンサートに行くほど大ファンです。人間愛というか、大きな母性愛みたいなものを感じて勇気づけられます。でも、決して信者ではないので考えの違いもいろいろあります。自分なりの考え方や意見を持つことも大事だと思っています。

    返信削除
  7. ジブリに関わる方々も、美輪さんも、安保法案には反対の立場のようですね。影響力が大きい方々なので、気になります。

    返信削除
  8. でも現実では、世界の危険な事が多い所で日本の自衛隊が国連とかの援助活動しています。

    実際は、日本人だから狙われない、という平和的なものでなく、狙われる時は皆同じだと思います。

    そういう時、自衛隊の方はどうやって身を守れば良いのでしょうか?

    相手が向かって来ていても、法律が邪魔をして身を守れないまま?

    正当防衛としての反撃とみなす上から指示が出るまで、その一秒を争う現場で、ただ待つしかないのでしょうか?

    タイミングよく他国の兵士が守れない時、法律の為にやられ損でも仕方ないのでしょうか?

    そういう日本国土以外の場所で命を張って頑張っている自衛隊の方もいます。

    ある程度の防衛力容認は必要だと思います




    返信削除
  9. 美輪さんについては、以前からお聞きしたかったのでありがとうございます。

    美輪さんは、多くの人生相談本も出しておられて、ほとんど全てを読みました。
    厳しく、はっきりと書かれる方で、甘えや依存をぴしゃっと切られる考え方でした。
    暖かい愛も感じられ、信頼してました。

    でも、前に洪さんが書かれた瀬戸内寂聴さんと親しくされてるようで、2人の関係を知りたいと思ったのでした。

    返信削除
  10. 今から20年ほど前に都内某所で知人と待ち合わせをしていた時、すぐ目の前を三輪さんが横切ったことがありました。あまりに突然の出来事に驚きましたが、正直、その時の印象は「暗い感じの人だな」でした。
    その後、超常現象をテーマにした何かのテレビ番組で三輪さんが他の出演者と口論になった事があったのですが、その時の三輪さんはそれまでとは打って変わって不機嫌になり、邪悪な雰囲気に包まれていました。
    更に、手に持っていた黒い扇子をやたらとパタパタさせていたのが印象的でしたが、あの時は何か低級な大蛇のようなものに憑依されていたような気がします。

    返信削除
  11. 度々お邪魔しています!

    神の預言者は、天の計らいごとを知る故も無い無知蒙昧な人々から蔑まれるものであります
    そこが悔しいところですけども、意思を同じくする者が寄り集って霊的なスクラムを組み防波堤を作りますから、御安心なさって今後も洪さんならではの天的な御見解を御提示くださればと願っています!!

    今回の美輪さんの記事も、物事の道理を知るのに大変参考になりました
    やはり使命的分野、スケールの大小の違いからも、見解、意見にはっきりとした差異が出てくるという事が分かりましたね
    人の器は、前世絡みのものであり、器の種類や大きさを中々変えることは出来ないものなのでしょう

    返信削除
  12. オーラの泉もよく観ていましたが、私の個人的な印象では、大変失礼なのですが、美輪さんは言葉の端に何か恨むような怪しさがにじみ出ている方だなと思いました。

    美輪さんはその番組内で長崎の原爆が落ちた時の話をされていました。その日は美輪さんは長崎のご自宅で絵を描いておられたそうです。(なんだか優雅です) 原爆で家の窓ガラスが一気に割れて、家の前を歩いていた被爆した人や馬が…と、被爆された人の身振り手振りを真似されながら番組内でお話しておられた姿を私はトラウマの様に覚えています。

    私は今回のブログを読んで、勿論美輪さんはむごい戦争をご経験されての発言だったと思われますが、その焦点は「安保法案」なのか「戦地(または戦争)」だったのかは判断がつきませんでした。

    仮に、安保法案に対しての発言なのでしたら、未来の子どもたちを守るためなのか、安倍首相と投票者が戦地へ行くべきなのか、どうしていった方が良いのか、もう少し詳しくご意見を伺ってみたいと思いました。誤解され恨まれることは、天草四郎さんも美輪さんも本望ではないと思います。

    ありがたいことに戦争の経験のない私たちには、残念ながら戦争の本当のむごさはわかりません。テレビなどで海外の戦地の多くの男性が戦い、女性が自爆し、子どもたちが武器を手にしている現状を見聞きすると、それらの国のようにはなりたくないとか、それらの国に未来がない事を悲しく思う事くらいしか出来ません。戦地まで行かずとも、安倍法案反対だとしても、日本をそんな国にしたいと思う人は、あまり居ないのではと思います。

    現状で私は実生活であまり実感が湧かないものの何かと国に守られているとは思いますが、最終的には何事も自分の身は自分で守るしかないと思っています。しかし、今後じわじわと侵略や拉致やテロなどがあった場合、私は自分の身を守っていける自信はありません。何かあった時、悲しみや怒りの矛先は守れなかった自分であるべきでしょうか。

    返信削除
  13. 全く傲慢なんて感じませんよ。
    三輪さんは好きですが、政治的発言をするときは感情的というか?ピントがズレてるような気がして危惧していました。
    また、別の霊能者も同様の視方をしていたので、ますます納得ですね。

    他の霊能者も同様の

    返信削除
  14. どうしたらより多くの人が、幸せになるのか。もっと先の未来を見据えて、考える必要がありますね。安保法案反対の方々は世界の情勢をよくよくご覧になられた方がいいかと思います。なぜ、お隣の国から逃げたす人が多いのか、自治区で起きている悲劇に目を向けていただきたいです。

    返信削除
  15. ねるとなあじゅ2015年7月19日 9:35

    共産党や民主党など、戦争の抑止力に反対する政党に投票した人たちこそ紛争地に行って9条かかげて反戦デモして、ヘイワ活動をしてください。

    マスメディアがネガティブな記事ばかりの傲慢な記事で、支持率低下に浮かれてるから、このような内容になるのでしょう。
    戦争が嫌なら、長期安定政権で外国から舐められないように、存在感を出せる政治家が必要です。

    天草四郎って、ネガティブな声に取り込まれたのでは?。

    返信削除
  16. 一同性愛者として、また微力ながら見える者として、美輪さんのことは好きなのですが、今回の発言については自身の実体験から縛られての発言と感じています。が、その影響力を考えると、安易に引っ張られた発言をすべきではなかったのではと私は思っています。、

    返信削除
  17. ねるとなあじゅ2015年7月19日 10:16

    追記
    NPOや、NGOの人は、自衛隊の駆けつけ警護いらないそうで、現地の警察か何かに粘り強く交渉してもらうんだって、
    これこそ9条大好きな「私は正しい中毒」でしょう。

    「I AM KENJI」などと、メッセージかかげてる人は、テロリストに拉致されて、虐待受けてやつれている人に、誰かが助けるかもしれないから待ってれば、って言うようなもんだけど、これこそが正しさの押し付けではないでしょうか。

    「政府は被害者見殺しにするな、選挙の方が大事か」と騒ぐくせに、軍人じゃなければ得られない情報や交渉があるのに、交渉できないようにしておいて、政府の不手際を批判する。
    反政府活動するなら、政府に何も期待しなければいい。

    返信削除
  18. 星に願いを2015年7月19日 11:19

    心の正しさが天国への鍵ですが、天使と言われるような人々にも、
    心の正しさを護って地上の成功を捨てるタイプの方と、
    心の正しさも、地上の繁栄もどちらも行うタイプの方と、
    二種類の方々がいるということですね。

    返信削除
  19. 戦地に行きなさいと言うなら僕は喜んで行きたいと思う。国のために命を賭して戦える人生が不幸であるとは思わない。

    返信削除
  20. 歴史の真実から一言。
    日本史では豊臣秀吉からキリシタン迫害がはじまったと教えるのが主流できましたが、ヨーロッパの植民地争奪方法として、まず宣教師を先に送って現地の情報を本国へ報告させ、次に奴隷商人を送り込むのが通例でした。
    日本へ来たスペイン人達も例外ではなく、九州あたりの海辺の村から多くの日本人が奴隷として連れ去られ、売り飛ばされています。
    豊臣秀吉は決して反キリスト教ではなかったのですが、いくら注意しても(←ここポイント)南蛮坊主どもが日本人奴隷売買の助っ人をやめないので、キリシタン禁止令を出したというのが本当のところです。
    島原の乱もイエズス会が糸を引いていたというのが、松原久子氏の研究でわかってきています。

    返信削除
  21. 今回の安保法案は最初はやや反対でした。
    でも自分で色々調べ、考え、こちらのブログで洪さんや皆さんのご意見を聞き、今では賛成です。
    物事はどちらか一方だけを見るのでは全体がわかりません。
    感情的にならず、根気強くお話して下さる洪さんに感謝しています。
    ありがとうございます。

    返信削除
  22. 美輪さんの話しではないのですが、松本人志さんは、「このままではけない」と賛成意見なようです。長渕剛さんは、反対なのか「戦争近づいてる気がする」と持論を述べています。色んな方がそれぞれの思いで意見を言ってます。

    返信削除
  23. つるの剛士さんは「反対反対ばかりで賛成の意見もききたい」と、田村淳さんは「政府は説明の努力。国民は法案理解の努力が必要」

    返信削除
  24. 大事なのは誰かの意見を信じて、誰かの意見に対してまた更に意見を言うことではなくて、色々なことを踏まえて自分なりの意見を持つことだと思います。
    私達はどうして行きたいのか、どうしたいのか。
    誰が正解か不正解かということではなく、自分自身がどういう考えなのかということではないのかなと。
    未来はどんなに優れた人であっても、自分であっても、分かりませんから。

    返信削除
  25. 島原の乱の時代に、江戸幕府がキリシタンを激しく弾圧した背景には、当時の西洋諸国が宣教師を侵略の尖兵として、植民地を拡大していたと云う経緯がありました。
    天草四郎は圧政に苦しむ領民の心に深く寄り添い、苛烈な領主に強く憤る、愛と正義の持ち主ではありましたが、
    時の為政者の意図するところや、西洋諸国の本来の狙いまでは、読めませんでした。
    とても優しい人でしたが、優しすぎたのが、裏目に出たのかも知れません。

    今の美輪さんも、常に弱い者へのまなざしを忘れない、思いやりにあふれた聡明な方でいらっしゃるのですが、政治問題や国際問題などには、明るいとは言えない面がおありのようです。
    ただ、美輪さんは、単なる戦争アレルギーや、命惜しさの臆病風で左翼的な発言をしている人達とは、決して違うのだと云うことを、はっきりと断定しておきましょう。

    美輪さんはちゃんと信念を持っていて、それに殉ずることのできる方です。
    しかしながら、目指している世界平和の理想が、あまりに高すぎるが故に、今の現実の国際社会の問題と照らし合わせてみれば、理にかなっているとは言えない見解になってしまうのでしょう。

    だからと言って美輪さんが、素晴らしい霊的覚者であると云う事実が揺らぐことは一切無いので、
    これからも悩みを抱えた人々に対しては、適切で的を得たアドバイスをし続けていって欲しいと思っています。

    返信削除
  26. 美輪さんには日本の神々が悪魔のように見えているのでしょうか。
    中国共産党の指導者にインスピレーションを送っているネガティブサイドの存在は神様のように見えるのでしょうか。
    チベット、東トルキスタン、南モンゴルの人達は奴隷と同じ扱いでも平和だから良いのだと思っているのでしょうか。

    返信削除
  27. よくぞ、言って下さいました。
    ありがとうございます。同感です。

    返信削除
  28. みなさま
    貴重なご意見くださりありがとうございます
    私としても皆様のコメントから学ばせて頂いています
    一つ一つへの返信は難しくなっていること、ご了承ください

    返信削除
  29. 色々参考になる意見がございました。ただ、私としては、この日本は経済力に伴う責任というものを果たしてこなかったと思っています。日本一国の平和のみならず、アジア、そして世界の真の自由と平和を守るためにも、日本はもっと大人にならなければならないと感じます。三輪さんは信念の方でしょうけれども、失礼ながら年齢的には高齢になり、仏教的に言うところの(有)の状態にあると思います。天使ではあっても大局観が備わっていないことに一部の寂しさを感じますが、それはそれで頑張っていただきたいと思います。私もまた、多くの方の幸福のために安保法案は絶対に必要だと、信念をもって語る人でありたいと思います。

    返信削除
  30. 美輪さんと言えば江原さんを思い出します。

    が、以前江原さんの講演会のビデオを見た時、どん引きし、そういう人とスピリチュアルの仕事をする美輪さんに不信感を覚えました。

    ちなみに江原さんの講演会は、どこの位置からも見える舞台のど真ん中に(落語でも台を見ますが、そういうのでなく)更に1m以上はある不自然な高台を設けて白い神様の様な服を着て座ってました。

    その高台の両脇、舞台の高さに同じく白い服を着た男性を下部的に配置させてました。
    完璧な神々しいシンメトリーの構図です。

    まるで自分は特別な高貴な立場で、自らを神聖化している姿に(勘違いに)どん引きだったのです。

    霊感がある事が、まるで神に選ばれた指導者の様に勘違いしているのか?

    ただ私の見解が間違っているのか?

    でもあの演出は江原さんの内面を投影したものでしょう。
    傲慢さがありました。

    返信削除
  31. 美輪さんと親交が深かった故三島由紀夫氏は憲法改正を訴えていましたが(特に第9条)美輪さんはそうじゃないようですね。

    返信削除
  32. ブログのファンで時折訪ねさせていただいております。
    安保について、マスコミに左右されないで真実を伝えようとされるこのブログがますます好きになりました。
    前世について書かれているのも、他の方は納得なのですが、美輪さんについてだけは、どうしても天草四郎が前世だとは思えません。
    美輪さんは魔法使いで、幻惑をかけるのが上手な 天草四郎の影武者のように思います。本物の天草四郎の生まれ変わりは美輪さんが自分だとおっしゃるうちは出てこれないのかな、と思ったりします。美輪さんの安保の見解にはあきれます。

    返信削除
  33. 本当は魂の綺麗な人たちであれば、戦争など誰も望んじゃいないはず。
    人類皆が、許すとか認めるとか高い精神を持っていれば、簡単に解決しそうなことなんだけど、それができないなんて、情けない。
    まだまだ地球人は宇宙の中で、幼稚園レベルなんだろうな ┐(´-`)┌

    返信削除
  34. 洪さま
    腑に落ちる記事、ありがとうございます!
    まぁ人間として生まれてる以上、長所も短所もあって当たり前ですよね。
    美輪さんだって神様ではない。原爆体験や同性愛、中性的な美しさなどマイノリティー的要素が強いので反骨精神が強いのでしょう。
    ちなみに私は美輪さんの『黒蜥蜴』が大好きなんです。
    俳優としての美輪さんは最高です。
    ただイデオロギー的にはまったく同意できませんけどね(笑)
    ただ影響力があるので政治的発言はやめて欲しいです。反日マスゴミに利用されまくってる…。
    芸術一本槍で行って欲しいものです。

    返信削除
  35. 洪さま、参考になる記事をありがとうございました。
    私は以前美輪さんの本を読み、不思議に思っていた事があったのですが、洪さまの記事を読み納得がいきました。

    美輪さんのご友人の同性愛者の方が同性愛を反対されて自殺なさった時、そのお身内を非難されたと著書に書かれていたのですが、光の方であったならお気の毒な亡くなり方をされた方にお心を添わせるのはしごく当然の事ですが、過ちを犯し己が身内を死なせた方々を神の目線で見つめ、その方々に添わせることはなさらないのかなと不思議に思ったのです。
    それだけご友人が大切な方であったのかなとも思ったのですが、出来事があった時と書籍を出版された時にはタイムラグがある訳で、光の方ならその間にお身内の人として生きる辛さや限界を理解されて憐れみの眼差しを向けるのではないのかなと。

    洪さまの記事や皆さまのコメントを読み、光の方にも様々な方がおられて、光の目線を送れる範囲や方向に個性があるのかなと思いました。お勉強になりました。ありがとうございました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます