2015年6月9日火曜日

皇太子妃の雅子様について感じること


今日はご成婚から22年目との事でテレビでも取り上げられており、アンケートでも心配する声がありましたので書いてみたいと思います

長年の体調不良との事で、おそらく精神的に重圧を受けて苦しい状況にあるのだと思います

その原因について、期待されていることへの重圧や、マスコミによるバッシング等があるでしょうが、それ以外の側面から考えてみます

ひつとつには雅子様は社会人としてのキャリアも積まれて、遅くに皇室へと入ったために、適応するのが難しいと言うことがあげられるでしょう

若いうちは人間は柔軟性があって、様々な環境に適応して生きていけるのですが、ある程度年を経てから違った環境に入ると厳しい場合があります

そして雅子様は頭脳明晰で、いわゆるかなり頭の良い方なのでしょう

論理的であったり、頭がよろしかったりするが故に、皇室の行事等にうまく適応できないところがあるのではないかと思います

皇室と言うのは、海外の王室とはそもそも違っており、神道の長のような、宗教家としての側面が強いのです

皇室が行う重要な行事には、神様に国民の安寧を願ったり、五穀豊穣を祈るなどの意味合いがあります

勉強が出来る方というのは、論理的な志向が強くて、この世的な知識が豊富な方ですから、基本的に霊的なものや、目に見えぬものなどを受け付けなくなることが多いです

雅子様も優秀なぶん、そうした皇室の宗教的な側面にうまく適応できずにいる面があるのではないかと感じられます

これから体調不良がよくなっていかれますことを祈念いたします

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. アメリカのハーバード大学経済学科を選択され、現世での超現実的な分野経済学を学ばれ卒業されてますし、そもそも幼少の生い立ち等からも海外での個人主義的ノビノビ自由な空気の中で過ごされた経緯もありますので、皇室の宗教的世界(お役目)や位置的な堅苦しさに対して、相当それまでの環境とは真反対のギャップがお有りでしょうね・・・
    何か意味有って経済学を学ばれてらっしゃると思いますので、そのような得意の内容を発揮出来る環境等の天からの配剤があるといいですね~
    人生は、比較的順調に行ける時と、とても生き辛い時というものがその路程の中に準備されているものですね
    これは皆の人生がそうなっているんでしょう

    返信削除
    返信
    1. 頭のよいのも不幸せの原因となることもあるのですね
      経済学を学ばれていましたか
      現在の経済学は数式を多用するものとなって、血の流れを感じさせないものとなっているのかも知れませんね

      削除
  2. 以前私も雅子様について質問をしたことがあります。取り上げてくださり、ありがとうございます。頭が良過ぎて様々なことに適応しづらくなっているのですね。皇室は神様との関わりも深い所ですし、戸惑うことがあったのかもしれないですね。
    雅子様の笑顔がずっと見られるといいなと思います。元気になられたら国内外で活躍してほしいと思います。

    返信削除
    返信
    1. そうですね
      国民全体がもっと寛容で暖かな目で見守ってあげたら体調もよくなっていくとおもいます

      削除
  3. 価値観の違い過ぎる家系に嫁ぐのは本当にしんどいです。ましてや皇室となると世間のゴシップもありますから本当に本当にメンタルにくると思います。雅子様はもしかすると一生独身の方が幸せに過ごせたかもしれません。って、自分のことを言ってるみたいになってしまいました。。

    返信削除
    返信
    1. 一般的にも価値観の違う家系に入っていくのは、いろいろと大変なことが多いですね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます