2015年6月8日月曜日

断食の効果と意義


アンケートにありました断食の効果と意義について書いてみます

まず健康面でみていくと、人間は毎日食事を三度とって、それを消化して栄養としております

食事は私たちが生きるうえで必要なものですが、消化するのにもエネルギーを必要とします

食事を取った後に眠くなるのも、消化するために身体がパワーを使うため、それ以外の活動が抑えられるためです

胃が活発に動いて食事をほぐしたり胃酸と混ぜ合わせたり活動がありますし、消化酵素を分泌する働きを行います

食事を分解する消化酵素は、身体の中で必要な分が作られて分泌するわけですが、それ以外にも代謝酵素など、身体の弱いところや免疫力の向上などに使われる分が、消化にたくさん酵素を作って利用する分、回らなくなってしまいます

動物などでも、怪我をしたり、病気になった時に、餌を食べなくなることがありますが、それは消化にかかるエネルギーを抑えて、怪我や病気の回復に力を向けているのです

ですので病気中などに食欲が落ちたときに、栄養を取らそうと無理に食べさせない方がよいでしょう

食べさせるなら消化のよいものを与えるといいと思います

断食をしたばあいは、その間は身体は消化にエネルギーを使わずに済みますので、身体の回復に力を振り分けられます

ですので体調がすぐれない方が、断食をして調子がよくなるということがありますけど、上記のような理由で、身体の回復に力が回ってきたためといえるかと思います

それ以外には、人間の腸にはたくさんの腸内細菌がすんでいますけど、それらが悪玉菌優位の環境になっている場合に、体調不良などの原因になることがあります

それを断食することで、いったん腸内環境をリセットすることで、よい影響があると考えられます

以上は肉体の健康面での断食の効果について述べました

それ以外に精神的には、断食することで、感覚が鋭く研ぎ澄まされるということがあるようです

霊的な感覚も冴える事があるように思われるので、宗教での修行でも断食をしたりすることがあるのだろうと思います

ただ、あまり飢餓状態でお腹を空かせて、苦しんだり食べ物のことばかり考えるようになってくると、へんな霊がよってくることもあると思うので、あまりきつい断食はされないほうがよいかなっと思います

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

14 件のコメント:

  1. 断食というと修行のような苦しさを想像していましたが、体のためになる場合もあるのですね。消化は体への負担が大きいのだと、改めて思いました。インドで断食をされている女性をテレビで観たことがありますが、心身ともに健やかそうでした。

    返信削除
    返信
    1. 消化にはだいぶ力を削いでいますね
      一日一食の健康法というのも、結局は消化に力を使いきらずに、休ませる時間を持たそうとしたものでしょうね

      削除
  2. 私は食べるの大好きなので
    たまには胃を休めてあげよーと思いました!笑

    返信削除
    返信
    1. わたしは胃を休められないので、かわりにお願いいたします

      削除
  3. いつもお邪魔してます!(笑)
    断食は、個々人の生命力の強さ、どれくらいの期間行うのか、によって結果が違ってくると思います
    私の場合、数日間完全断食したことがありますが、脱力して足腰が立たなくなってしまい飢餓感も相当なものでした
    しかしながら、「過食」は身体に相当な負担をかけるものなんだなと、洪さんのこの度の解説により教えられましたね
    少々(笑)、気をつけていきたいと思います

    返信削除
    返信
    1. よく長寿の秘訣は腹八分でとめると言われているのも、消化に余分な力を使わないということかなと思います

      削除
  4. こんにちは。
    江戸時代にいた水野南北という、粗食の重要さを説いた方を思い出しました。
    食べなければ肉体を維持できないけれど
    食べ過ぎが良くないのは科学的に見ても根拠があるんだなーと
    納得いたしました(*´ω`*)

    返信削除
    返信
    1. そうですね
      現代人は様々な種類の食べ物を口にし、消化に多くの力を割いていますので、不健康になっているのかもしれませんね

      削除
  5. 最近なんとなく感じるのは、断食ではないですが、少食の時のほうが頭が冴えるというか色々気づいて行動もテキパキ!できるような気がします。。お肌も調子もよくなる気も…。
    そういう時って、なぜか少しでもお腹が満たされるのは何故でしょう…?
    心や精神は直に身体と繋がっていますね^^;

    返信削除
    返信
    1. 食べた後は眠くなるのも、たくさんの食べ物を消化するために、脳など活動が抑えられてしまうのでしょう
      少食のほうが頭が冴えるのはもっともですね

      削除
  6. フランクリンの十三徳の一番最初にも「節制。 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。」というのがありますね。
    食は生きていく上で重要な習慣なので 時々見直しして気を付けたいと思います。。

    返信削除
    返信
    1. そうでしたか
      博識なんですね
      ついついお菓子を食べすぎてしまうのは不徳のいたすところでした

      削除
  7. 我が家では断食が日常的に行われています。慣れればなんともないです。私自身は3日が限度ですが、20代の娘二人は5日ぐらい断食します。仕事や学校が休みの日ですけどね。断食は、肌がきれいになって身体が絞れて心が穏やかになって、すごく精神レベルが上がる気がします。

    返信削除
    返信
    1. 消化にかかわる身体機能を休めることで、身体の再生などに力を向けられるようになって肌もよくなったりするのでしょうね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます